【ショッキング&エロス】R指定の海外ドラマ6選!

7月29日(月)23時0分 海外ドラマboard

映画やテレビドラマはその内容によって年齢が制限されているものがあります。過激な性描写、バイオレンス、喫煙や薬など、様々で、国によっても年齢が異なっていますが、概ね16歳〜18歳あたりでの線引きが多いです。今回はそんな年齢制限のある海外ドラマをピックアップしてみました。

ゲーム・オブ・スローンズ(原題:Game of Thrones)

アメリカにおいて2011年4月から2019年5月の最終話まで、全8シーズンにかけて放送されました。
中世ヨーロッパを思わせるような風景なのですが、ゾンビやドラゴンなどが出てくるファンタジー超大作ドラマで、世界的にも大人気となっています。

この投稿をInstagramで見る

No matter the cost. #GameofThrones

gameofthronesさん(@gameofthrones)がシェアした投稿 -

7つの架空の王国の名家一族同士の権力争いの物語なのですが、誰が主人公というような感じではなく、多くの登場人物が入り乱れる群像劇です。
主要人物であっても殺されてしまうなど、先の見えないストーリー展開も特徴のひとつとなっています。

NEW YORK, NY - MARCH 18: (L-R) Emilia Clarke, Richard Plepler, Peter Dinklage, David Benioff, D.B. Weiss, Lena Headey, Jack Gleeson and Michael Lombardo attend the

内容が少しややこしいので、子供が理解するのは難しいかなというところから、必然的に子供の視聴は排除されてしまうかもしれませんが、過激な性描写やかなり残虐なシーンなど、大人でもちょっと目を背けたくなってしまうシーンが満載なのです。

SAN DIEGO, CA - JULY 23: General view of the atmosphere at the "Hall of Faces" display presented by the HBO hit series "Game of Thrones" at Comic-Con International - Day 3 on July 22, 2016 in San Diego, California. (Photo by Daniel Knighton/FilmMagic)

そんな中でも作品としての評価は高く、見始めたら入り込んでしまう人も多いようですよ。

スパルタカス(原題:Spartacus:Blood and Sand)

アメリカにおいて2010年から2013年にかけて全3シーズン放送されました。
紀元前71年から73年にローマで起きた、「スパルタカスの反乱」と言われる奴隷反乱の指導者である「スパルタカス」を主人公に繰り広げられる、歴史アクション作品です。

この投稿をInstagramで見る

Happy New Year!! #2017bestnine #spartacus

Spartacusさん(@i.am.spartacus)がシェアした投稿 -

反乱という事からわかるように、戦いのシーンが出てきますが、かなり過激なバイオレンス満載で、グロい上に、かなりエロティックなシーンも多く、そのエログロの度合いは、全ページでご紹介した「ゲーム・オブ・スローンズ」以上にすごいです。

PASADENA, CA - JANUARY 16: The cast of the television show "Spartacus: Blood and Sand" speak during the Starz Network portion of The 2010 Winter TCA Press Tour at the Langham Hotel on January 16, 2010 in Pasadena, California. (Photo by Frederick M. Brown/Getty Images)

しかし、ヒューマンドラマとして高く評価されており、過激シーンの鑑賞に耐え得るのであれば、一見の価値はあると思います。

Lの世界(原題:the L word)

アメリカにおいて2004年から2009年にかけて全6シーズンが放送されました。
アメリカ・ロサンゼルスを舞台に、レズビアンやバイセクシュアルの人々の日常やその人生について描いた作品です。

脚本家のほとんどがレズビアンという事で、実体験に基づいたエピソードが多く、リアリティのあるドラマとしても注目されました。

この投稿をInstagramで見る

Never forget that word, the L one. #thelword

the L wordさん(@thelword_official)がシェアした投稿 -

仲間同士の絆は強いのですが、その中でも裏切りがあったり、苦悩する出来事が巻き起こったりと、なかなかエキサイティングな展開の作品です。
バイオレンスの要素はありませんが、過激なセックスシーンが多く、日本で「R15+」となっています。

LOS ANGELES, CA - JANUARY 14: (L-R) Executive producer/writer/director Ilene Chaiken, actresses Pam Grier, Katherine Moenning, Laurel Holloman, Leisha Hailey and Jennifer Beals of the television show "The L Word" attend during the CBS & Showtime portion of the 2009 Winter Television Critics Association Press Tour at the Universal Hilton Hotel on January 14, 2009 in Los Angeles, California. (Photo by Frederick M. Brown/Getty Images)

トゥルーブラッド(原題:True Blood)

アメリカにおいて2008年から2014年にかけて全7シーズン放送されました。
人工血液「トゥルーブラッド」の開発により、人間を襲わなくても生きていけるようになったヴァンパイアと人間たちが共存している、近未来の世界を描いたファンタジー作品です。

HOLLYWOOD - SEPTEMBER 04: Actress Anna Paquin (L) and actor Stephen Moyer arrive at the Los Angeles Premiere of HBO's Series "True Blod" at the Cinerama Dome on September 4, 2008 in Hollywood, Cafliornia. (Photo by Michael Buckner/Getty Images)

ヴァンパイアのファンタジー作品というと、禁断のラブストーリーを想像しますが、日本では「R15+」となっただけあり、際どい性的描写や、ヴァンパイアという事で血みどろのシーンも多いのです。
しかし、差別、ドラッグなどの社会問題も取り上げており、色々と考えさせられるドラマに仕上がっています。

この投稿をInstagramで見る

Rewatch the moment Eric was turned. #TrueToTheEnd #TrueBlood

True Bloodさん(@truebloodhbo)がシェアした投稿 -

アメリカン・ホラー・ストーリー(原題:American Horror Story)

アメリカにおいて2011年から放送開始し、現在シーズン9が放送中の作品です。
各シーズンがそれぞれ別の異なった作品となっていてタイトルも付いており、ミニシリーズの形態になっている、ホラー作品です。

この投稿をInstagramで見る

Will you make it to Cabin 9? Confront your nightmares at the #AHS1984 “Face the Darkness” experience at The FX Fearless Forum @ San Diego Comic Con and pick up a cellphone cases,decals, and more. Check our story for a little sneak peek of the experience... #AHSFX #AHS1984 #SDCC #FXSDCC

American Horror Storyさん(@ahsfx)がシェアした投稿 -

1つのシーズンでそれぞれの物語は完結しているのですが、同じキャストが全く異なった役で別のシーズンに出演している事も多いのも、特徴のひとつとなっています。

この投稿をInstagramで見る

Humanity is failing. #AHSApocalypse is all-new Wednesday 10PM on FX

American Horror Storyさん(@ahsfx)がシェアした投稿 -

ホラー作品とはいえ、心霊的な怖さはそれほど強烈ではありませんが、過激な性描写や、人間の闇の部分を垣間見る事になる、過激な残虐シーンが多く、精神的に辛くなってしまうかもしれません。

サウスパーク(原題:South Park)

アメリカにおいて1997年から放送開始し、2019年に第23シーズンが放送される長寿アニメ作品です。
切り絵風のストップモーションアニメで、4人の少年たちを中心に物語が展開する、基本1話完結のコメディで、一見可愛らしい絵に見えるのです。

この投稿をInstagramで見る

It's the 20th anniversary of South Park: Bigger, Longer & Uncut! What is your favorite song from the movie? #BLU20 #southpark

South Parkさん(@southpark)がシェアした投稿 -

しかし、内容的には差別などの過激な描写があったり、時事問題を取り上げて痛烈に皮肉っていたり、有名な映画やドラマのパロディが満載の過激なブラック・コメディなのです。

長く続いているという事は人気があるという事で、何度もエミー賞を受賞している作品なのですが、アメリカでも映画化された時にはR指定になっていたり、内容の過激さから日本ではカットされたシーンや放送されなかったエピソードがあったりと、可愛らしい絵からは想像できない内容です。

この投稿をInstagramで見る

CRIPPLE FIGHT!!! s05e02

South Parkさん(@southpark)がシェアした投稿 -

前に紹介した作品とは視点が異なるR指定作品で、怖いというよりはこんな表現してもいいの?と思うような過激さで、人によっては不快に思う方もおられるとは思いますが、アニメという事で少し薄めてくれている部分もあるのではないかと思います。

海外ドラマboard

「海外ドラマ」をもっと詳しく

「海外ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ