渡辺直美、高校時代役・富田望生が似すぎ!? 弾け方も「すげー」絶賛

7月30日(月)21時28分 マイナビニュース

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の完成披露試写会が30日に都内で行われ、篠原涼子広瀬すず板谷由夏小池栄子ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生、大根仁監督が登場した。

同作は2011年に韓国で大ヒットを記録、日本でもロングランヒットとなった『サニー 永遠の仲間たち』を大根仁監督が映画化。専業主婦の阿部奈美(篠原涼子)は、ガンで余命1カ月の友人・伊藤芹香(板谷由夏)に22年ぶりに再会し、高校時代の仲良し6人グループ“SUNNY”で集まることを決意する。

SUNNYのメンバーでムードメーカーの梅を演じた渡辺は、「マジサイコーの映画になってます。最強のキャスティングの皆さんとやってマジ幸せです。最後まで楽しんでってください、ありがとうございやした!」と謎のオラオラ系キャラで挨拶。これを受けた、高校時代の梅役の富田が同じように挨拶しようとするも、途中で「ちょっと待って! 大丈夫ですか!?」と戸惑ってしまう。渡辺は「大丈夫、ごめんね変なことしちゃって」と謝り、富田は「とっても楽しい撮影でしたので、皆さんに作品をお届けできて嬉しいです」と、本来のキャラで真面目に挨拶をした。

また、2人が同じ役を演じたことについて「本当に似てる」と評判に。小池は「親子」と表し、渡辺は「太り方も一緒というか、肉がついてるところも一緒」と感心。富田について渡辺が「すごい元気な演技で頑張ろうと思いました」と語ると、富田は「ダンスシーンがあるので、監督から『(渡辺は)本物だからな』って、ずっと言われていたし、弾けてなきゃいけない時代ですから、存分に弾けさせていただきました」と振り返る。

渡辺は「二人で変顔をするところで、始まる前は『本当に頑張ります。ついていきますので』と言ってたのに、いざ始まると私以上に変な顔して、めちゃくちゃすげーなと思って、超かっこ良かったです」と絶賛した。

マイナビニュース

「渡辺直美」をもっと詳しく

「渡辺直美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ