千原せいじ他の芸人への影響心配、早期の事態収拾を

7月30日(火)16時6分 日刊スポーツ

千原せいじ

写真を拡大


千原せいじ(49)が30日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜午後1時55分)に出演し、闇営業に端を発した一連の騒動に関し、吉本興業に対し早期の事態収拾を訴えた。
騒動後アルバイトをクビになる、決定していた引っ越し先の仮契約をほごにされるなどほかの芸人に影響が出ていることを明かした。せいじは「反社会勢力に対して、関係ないですよ、という吉本的に強く出る方法、業務妨害で訴えるとかしてくれないと。本当に切実な問題」と早期の事態収拾を望んだ。
雨上がり決死隊宮迫博之(49)は金塊強奪犯の主犯格とされる男らのグループから金銭を受領していたと写真週刊誌「FRIDAY」で報じられたが、宮迫はこれを否定している。せいじは「僕なんかは、法的手段で訴え出ることが世間の皆さんには分かりやすいと思う」と話した。

日刊スポーツ

「千原せいじ」をもっと詳しく

「千原せいじ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ