小栗旬、ハリウッドデビュー作が事実上の無期限延期で帰国

7月30日(木)7時5分 NEWSポストセブン

雨の中、はしゃぐ娘を見守るように歩く小栗旬

写真を拡大

「最近、小栗さんとご家族の姿をよく見かけます。長い間ずっと留守にしていたようですが、帰国されたのですね」


 こう話すのは、小栗旬(37才)の自宅の近隣住民だ。小栗は昨年から、ハリウッドへの本格的な挑戦のために、妻の山田優(36才)と2人の子供を連れて、アメリカ・ロサンゼルス(以下LA)に生活の拠点を移していた。


「実は小栗さんたちは、7月上旬に、緊急帰国していたんですよ。滞在先のアメリカでは新型コロナの感染者が爆発的に増えていて、正直仕事どころではないようです。


 それに、妻の山田さんは4月に第3子を出産したばかり。当時は、移動による感染リスクを考え、LAでの出産を決意。現地では小栗さんの事務所スタッフが全面的にサポートしていたようですが、少しでも安心して新生児の子育てができるように…と戻ってきたそうです」(小栗の知人)


 小栗が滞在していたLAのあるカリフォルニア州は、現在新型コロナの感染者数が全米最多となり、急速に拡大している。


「7月上旬にはLAを含む19の郡でレストランでの店内飲食が再び禁じられました。これは3月中旬の禁止以降、2度目になります」(LA在住の映画関係者)


 小栗のハリウッドデビュー作となる映画『ゴジラVSコング』の公開も2020年3月の予定が延期に延期を重ね、再来年公開に。


「これは事実上の無期限延期といえます。ハリウッドで作られる予算規模が大きな映画は、映画館に多くの人が戻った状態で上映しないと、採算がとれませんから…」(前出・映画関係者)


 7月に帰国を決めたという小栗だが、いまアメリカから戻るには、入国後14日間の隔離などさまざまなルールが設けられている。6月にLAから日本に帰国した女性が話す。


「空港のチェックインカウンターでは健康状態を聞かれて検温。機内ではマスクの着用が再三アナウンスされていました」


 機内では3枚つづりの書類が配布されたという。


「質問票(名前・住所・飛行機の座席番号・発熱の有無などを明記)、申告書(14日間の待機場所までの移動手段・待機場所・公共交通機関を使用しないことを誓約して署名するもの)、入国するかたへ検疫所のお知らせ(帰国後の過ごし方や相談先が書かれている)です。


 空港から自宅までの移動には公共交通機関が使えないため、家族や友人に迎えに来てもらうかハイヤーやレンタカーを使う必要があり、事前の準備が本当に大変でした」


 空港ではPCR検査を受け、その結果が出るまで空港からは4時間以上も出られなかったという。


「結果を待つ待機場は、ほかの人との距離も近く、プライバシーを保つのは難しい場所でした。小栗さん一家は大変だったと思います」(前出・女性)


 帰国から2週間がたち、ようやく日常を取り戻しつつある小栗。再び彼がハリウッドに挑める日はやってくるのか。


※女性セブン2020年8月13日号

NEWSポストセブン

「小栗旬」をもっと詳しく

「小栗旬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ