「アリータには程遠かった」ローサ・サラザールが明かす4か月間の超絶トレーニング

7月31日(水)17時30分 シネマカフェ

『アリータ:バトル・エンジェル』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

写真を拡大

ジェームズ・キャメロンが製作・脚本を手掛けた『アリータ:バトル・エンジェル』が、本日7月31日(水)よりデジタル配信開始、9月11日(水)ブルーレイ&DVDがリリースされる。この度、特典映像に収録されている「メイキング・オブ・アリータ」から、アリータ役ローサ・サラザールのトレーニング風景を収めた一部映像がいち早く到着した。



ニューヒロインのアリータ役には『メイズ・ランナー』シリーズのローサ・サラザールが大抜擢。全編でCG技術を駆使しているが、正しい物理法則を再現するためにも生身の演技が求められるため、ローサは半年間役作りに没頭し、完璧なアリータを作り上げたという。

今回解禁となったのは、ブルーレイに収録される130分を超える豪華特典映像の中の「メイキング・オブ・アリ—タ」の映像の一部。サイバー医師のイド(クリストフ・ヴァルツ)によって新しい機械の身体を手に入れたサイボーグの少女“アリータ”は、ローサがパフォーマンスキャプチャーによって演じたもので、武術やローラースケートなど、あらゆる訓練をする風景が映し出されている。


ローサは「トレーニングの前の私はひ弱で、アリータには程遠かった。持久力をつけるため体を絞り、食事も変えて、自己管理を徹底したの」と明かし、「アリータを演じるには戦士のような思考や肉体、持久力が必要だったから。訓練はキツかったわ」と過酷な日々をふり返った。


武術トレーナー、キース・クックから4か月間みっちり訓練を受けたローサは、毎日2時間、ムエタイやカンフー、キックボクシングをこなしたそうだ。ローサは全てのアクションを自身で担うため、全ての動きを徹底的に体に覚え込ませ、演技に集中できるよう、考えなくても対応できるようにと、あらゆる技を覚えたという。

また、重要なアクションシーンのひとつでもある“モーターボール”に必要なローラースケートも見事に習得。スタントも大勢いたが、格闘も含め、演技は全部彼女自身で挑んだことがこの映像で証明されている。最強戦士“アリータ”がどのように作られていったのか、まさに目の当たりにできる映像といえそうだ。


『アリータ:バトル・エンジェル』は先行デジタル配信中、9月11日(水)よりブルーレイ&DVDリリース。

シネマカフェ

「トレーニング」をもっと詳しく

「トレーニング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ