豊川悦司、本通り裏の男を演じる「ワルを演じるのは喜び」『鳩の撃退法』

7月31日(土)12時15分 シネマカフェ

『鳩の撃退法』(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会  (C)佐藤正午/小学館

写真を拡大

藤原竜也土屋太鳳風間俊介西野七瀬豊川悦司らが出演する佐藤正午原作の映画『鳩の撃退法』。この度、豊川さん演じる裏社会の男、倉田健次郎の場面写真がシネマカフェに到着した。



かつては直木賞も受賞した天才作家の津田伸一(藤原さん)は、とあるバーで担当編集者・鳥飼なほみ(土屋さん)に、書き途中の新作小説を読ませている。しかし、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない…。本作は、鳥飼が津田の話を頼りに、小説が本当にフィクションなのか、検証をしていく物語。


そんな本作で豊川さんが演じているのは、街で起こる騒ぎに必ず関わっているとされる、“本通り裏の男・倉田健次郎”。【裏社会の男】ではないか? という噂は絶えないが、誰もその姿を見たことはないというミステリアスな人物だ。


倉田役に豊川さんは「“本通り裏の男”というシビれるような役をもらって、イカした毛皮のコートを羽織り、雪降る富山の夜を闊歩した。もう充分にカッコよくて、涙がチョチョ切れた。『ワル』を演じるのは喜びだ」とコメントを寄せる。

執筆中、周囲から倉田と関わるなと忠告されるも、【一家失踪事件】と【謎の偽札】に関わってしまうことで、行方を追われることになってしまう津田。

謎の男・倉田は、物語の謎に深く関わり、津田の話が真実なのかを読み解くキーパーソンともいえるキャラクターだ。


『鳩の撃退法』は8月27日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「豊川悦司」をもっと詳しく

「豊川悦司」のニュース

「豊川悦司」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ