夢アド“NHK仕事”で紅白狙う、名前も変え「ムズムズ体操 第18」踊る。

7月31日(日)5時19分 ナリナリドットコム

5人組アイドルグループ・夢みるアドレセンスと、NHKの18歳応援プロジェクト「ムズムズエイティーン」とのコラボが決定。この企画限定のグループネーム“ムズみるアドレセンス”として、7月30日に公開された動画「NHKムズムズ体操 第18」に登場している。

「NHKムズムズ体操 第18」は、いまどきの高校生の「あるある」をモチーフにした歌詞とダンスが特徴。歌詞を、女子大生実業家の椎木里佳が監修、自らも動画に出演している。また、NHKの人気キャラクター「がんこちゃん」「どーもくん」「ななみちゃん」「はに丸」との豪華共演も実現した。

また、7月30日には東京・秋葉原でお披露目イベントを開催。若者のムズムズを解消するために、あのラジオ体操のイメージを覆した衝撃の体操に、会場は瞬く間に大盛り上がり。メンバー全員に「かわいい〜」「凄い〜」と歓声が響いた。

「NHKムズムズ体操 第18」の魅力について聞かれたメンバーの荻野可鈴は「今回の(ラジオ)体操は“今時”のラジオ体操になってるところです! 等身大の気持ちが(歌詞に)描かれていると思いますので、若い世代の方々に共感してもらえると思います!」と回答。

そして「今回『NHKムズムズ体操第18』を私たちが踊らせていただけて、本当に光栄です!皆さんへの共感ポイントもたっぷりあって、楽しんでいただけると思います!せっかくこうしてNHKさんのお仕事させていただけたので、ぜひぜひ紅白も出たいので、狙っていきたいです!」と語り、メンバー一同「本当だ!紅白狙って頑張ります!」と大きな夢を語っていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

体操をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ