ロンブー淳、謹慎中の後輩芸人に“米俵”「『千と千尋』でつらい時に…」

8月1日(木)14時40分 マイナビニュース

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が1日、都内ホテルで「株式会社がちキャラ」設立の記者会見を行い、闇営業問題を発端とする吉本興業の騒動について言及。謹慎中の後輩芸人に米俵を送ったことを明かした。

相方の田村亮が、雨上がり決死隊宮迫博之とともに20日に会見を行ってから初の公の場となった淳。闇営業問題で謹慎中の後輩芸人について「ウソをついていない後輩たちの処分だけ早く、なんとか先に言ってほしい。謹慎の出口だけは作ってほしい」という思いを語り、「岡本社長としゃべりました。後輩たちの処分を早めに、ということで電話をして、動いてくれると言っていた」と吉本興業の岡本昭彦社長に電話でお願いしたことも打ち明けた。

また、「僕も昔、警察の方に迷惑をかけて謹慎したことがある。出口が見えないと本当にしんどい。出口がないとメンタルが壊れていくので、出口だけ作ってあげてくださいって言いました」と自身の経験も紹介。さらに、謹慎中の後輩芸人に「5キロくらの米俵」を送ったことを明かし、「『千と千尋の神隠し』で、つらい時ににぎりめしを食って泣いている主人公を見たんで、おにぎり食えば元気なるんじゃないかなと思って米俵にしました」と米俵にした理由を説明した。

「株式会社がちキャラ」は、SNSを中心に“がち”で頑張っているキャラクターたちのマネジメント会社で、今年6月に設立。目的は、様々なキャラクターを通してジャンルを超えたコラボレーションを実現させ、地域活性、日本活性、世界活性に貢献し、ムーブメントを起こして行くこと。また、まだ注目されていない個性的なキャラクターを発掘し、世の中の人たちに届けることも任務の一つとしている。

マイナビニュース

「後輩」をもっと詳しく

「後輩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ