元広島カープ・達川光男氏、“オオカミ少年”扱いされた過去語る

8月2日(金)12時0分 マイナビニュース

プロ野球・広島カープの監督などを務めた、解説者の達川光男氏が、5日に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週月曜 24:20〜)に出演する。

カープの正捕手としてチームを日本一に導いた名選手だが、当たっていないのに当たったフリをして、何度もデッドボールを勝ち取っていた過去も。その結果、名捕手というイメージよりも、“デッドボール”という印象がファンに定着し、「デッドボール達川」「グラウンドの詐欺師」というニックネームまでついていたという。

達川氏は、なぜ当たってもいないのに当たったと主張するようになったのか、そのきっかけから告白。また、当時のVTRを振り返りながら、“名演技”を徹底検証するほか、デッドボールアピールを続けた結果、「オオカミ少年」扱いされてしまったしくじりを振り返っていく。

そして最後には、自らのしくじりから導き出した人生の教訓を、全国の野球少年に向けて熱く語りかける。

放送後の5日(24:50〜)には「Abemaビデオ」で、達川氏の授業の完全版、「お笑い研究部」第2弾が配信される。

マイナビニュース

「広島カープ」をもっと詳しく

「広島カープ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ