平野紫耀「未満警察」想定外の大コケでも「大成功」と言われる理由

8月3日(月)18時0分 アサ芸Biz

平野紫耀

写真を拡大

 Sexy Zone中島健人とKing&Prince平野紫耀の“センターコンビ”が主演を務めるドラマ「未満警察」(日本テレビ系)。初回視聴率こそ11.2%と2ケタ発進だったが、その後は9.0%、8.4%、7.2%、9.1%とひとケタが続いている。

 ジャニーズでも演技に定評のある2人を起用したドラマだけに、想定外の「大コケ」と指摘する声も聞かれるが…。

「しかし、この数字はあくまでもリアルタイム視聴率です。顔面偏差値の高い2人をじっくりと繰り返し視聴するために、録画している人が多いようです。特に7月25日放送の第5話では、平野演じる一ノ瀬次郎の初恋の相手として、蓮佛美沙子演じる望月凛花が登場。次郎(平野)は初恋の相手に初めて手錠を掛けるというシリアスなシーンを演じ、切なさと悔しさが入り混じった複雑な表情に、ファンのみならず『どんどん演技が上手くなっている』という称賛の声がネット上で続出。また『録画しておいてよかった。ジロちゃんの演技、何度も見返してる』『このドラマは録画マスト。1回目はストーリーを追って見て、2度目は平野メイン、3度目は中島メイン、4度目は平野&中島の絡みを堪能』といった録画視聴者の声も少なくありません」(芸能ライター)

 平野の演技を評価するのはファンに限らない。

「中には映画雑誌『スクリーン』2019年10月号で平野が『ビートたけしさんに「蝶々のように少女を集めようとするサイコパスを演じてほしい」と言われたことがあるので、そういう役に興味があります』などと語っていたことを思い出した人もいるようで、『平野くんのシリアスオンリーの演技が見てみたい』という声も数多くあがっています」(前出・芸能ライター)

 数字上では、期待はずれに終わりそうな「未満警察」。だが、平野の演技力の高さに注目が集まったという点においては「大成功」と言えるかもしれない。

アサ芸Biz

「平野紫耀」をもっと詳しく

「平野紫耀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ