矢口真里と遠野なぎこの関係を引き裂いた「水ダウ」ガチゆえの罪深さ

8月3日(月)18時15分 アサジョ

 女優の遠野なぎこが7月29日に放送された情報番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)にリモート出演。バラエティ番組でのドッキリ企画がきっかけとなり、かつての飲み仲間である矢口真里と絶縁状態になってしまったことを明かしている。

 遠野は17年5月に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)内での検証企画「説教くらった後にカラオケで『恋のダンスサイト』を歌われても、さすがに『セクシービーム』入れづらい説」で仕掛け人となり、ターゲットである矢口に迫真の演技で説教。すると、矢口も「なんでそんなこと言われなきゃいけないんですか?」「私だって(仕事を)やりたくてやってるわけじゃないですよ!」と、マジ切れで反論したことで視聴者をザワつかせていた。

 この企画について振り返った遠野は「説教して泣かせて、それからお互い傷ついちゃって一切、もう何年も会ってない。それまでずっと飲み仲間だったんですけど」と、ネタバラシの後もその関係性は修復されていないことを告白。

 しかしドッキリ企画が発端とあって、共演者からは「でも、ドッキリでしょ?」というもっともなツッコミも入っていたが、遠野は「ドッキリなんですけど、本気で私も熱が入っちゃって芝居しちゃって、あっちも本当に傷ついて『もう遠野さんと縁切る!』って言われて、私も『上等だよ』って凄いことになっちゃって」と、熱が入りすぎてしまったあまり、こじれにこじれてしまったようだ。

 なんでも、遠野は「あなたが悪いわけではなくて、私がそこまで言わせてしまった」と伝えてはいたようだが、2人の間でしばらく距離を置こうという話になったそうで、それから3年が経過した現在も連絡を絶っているのだとか。

「このドッキリもそうですが、『水ダウ』の企画は度が過ぎるものも多いですし、番組側の演者へのアフターケア不足は否めませんが、これで絶縁されてしまった遠野は気の毒なところ。こういったドッキリは仕掛け人側もメンタルに負担がかかる仕事ですから、ネタバラシの後は、ターゲットになったタレントもそうした部分を斟酌するものですが、矢口にはできなかったようですね。この企画がオンエアされた当時も、『矢口が言い返しすぎてて引いた』『先輩に対してあの口の利き方はないわ』『矢口、めっちゃ感じ悪いな』と視聴者が引くぐらいでした」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、15年に行われたパチンコ関連のイベントに2人で参加した際には、遠野が連絡先を教えてくれないと矢口が不満を言う姿も見られていただけに、遠野としては縁を切ってもさほど痛手ではなかったのかも?

(田中康)

アサジョ

「矢口真里」をもっと詳しく

「矢口真里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ