米倉涼子はわずか1日で別居!? 実はスピード離婚していた芸能人たち

8月3日(土)18時0分 messy

 定期的にニュースになる芸能人たちのスピード離婚。各メディアで大体的に報じられることがほとんどだが、中にはあまり知られていないスピード離婚も存在する。

 例えば『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)でお馴染みの米倉涼子は、2016年に離婚成立を発表。彼女は2014年末に一般の男性と結婚しており、約2年間の結婚期間を経てスピード離婚している。しかしそれよりも驚きなのが、彼女が元夫と同居していた期間だった。報道によると、米倉は元旦那と結婚してわずか1日で別居してしまったという。ドラマなどで見せるイメージとは裏腹に、裏では意外と苦労しているのだろうか……もしまた結婚するならば、その時は“失敗しない”ことを祈るばかりだ。

 そんな米倉涼子のように、“実は”スピード離婚していた芸能人を紹介していこう。



梶原雄太

 まずはキングコングの梶原雄太。彼は2006年にモデルの園田未来子と結婚して、4人の子どもを育てながらYouTuberの“カジサック”として活躍。園田も“ヨメサック”として体を張って夫を支えている。しかし実のところ、梶原にとっては園田との結婚は“再婚”。2003年に一般女性と1回目の結婚をしているが、翌年の2004年には離婚している。

 そんな梶原雄太は、園田未来子と結婚後に出演した『私のなにがイケないの!?』(TBS系)で、妻に課している「10カ条」を告白。「胸元が開いた服は禁止」「パソコンでの外部交流禁止」「男性医師による診察禁止」「知人以外の美容師との接触禁止」「イケメン芸人との接触禁止」「同窓会への出席禁止」など、かなりの束縛があると判明した。そのためネット上では、「前の奥さんもそりゃスピード離婚するわ」「園田未来子とも別れないか心配」との声が。円満な夫婦関係が続くことを祈りたい。

松村邦洋

 お次は、“まっちゃん”の愛称で有名なお笑いタレントの松村邦洋。松村は『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した際、ぶっ飛んだスピード離婚エピソードを語っていた。この時のトークによると彼は、伝説のバラエティ番組『進め! 電波少年』(日本テレビ系)で“バツイチになる”という企画に挑戦。番組が募集した「バツイチになりたい女性」と結婚して、すぐに離婚したそうだ。

 ちなみに戸籍上でしっかり“バツイチ”になっているのかは、本人も確認していないとのこと。とはいえ、番組の企画というあまりにも斬新なスピード離婚(結婚)に、ネット上では「よくそんな企画放送できたな」「こんな離婚体験ほかにある?」「スピード離婚の最速記録なのでは?」「松村も色々と頑張ってきたんだなぁ」と驚きの声が上がった。まだコンプライアンス概念の緩かった頃ならではの企画だが、現代のテレビ番組で同じようなことをしたら“炎上”してしまうだろう。

messy

「離婚」をもっと詳しく

「離婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ