向田邦子、没後40年で原田マハ、伊吹有喜らが続々コメント!

8月3日(火)18時30分 Rooftop

unnamed-3.jpg
株式会社文藝春秋では、 『寺内貫太郎一家』『時間ですよ』など人気ドラマの脚本家、 また、 直木賞受賞作家として、 ますますの活躍が期待されていたさなか、 台湾での飛行機事故で1981年8月22日、 51年の生涯を終えた 向田邦子(1929年〜81年)が、 没後40年を迎えるこの夏、 向田さんを偲ぶ企画を予定。

まず、 8月3日発売の文春文庫『向田邦子を読む』(文藝春秋編)では、 直木賞選評、 田辺聖子、 森繁久彌、 山口瞳ら交遊のあった作家・著名人の向田にまつわる随想、 先日亡くなった 小林亜星と 梶芽衣子の対談「輝ける『寺内貫太郎一家』の日々」のほか、 益田ミリ、 伊藤まさこ、 桜庭一樹、 岸田奈美、 石橋静河ら幅広い分野で活躍する人たちからのエッセイを掲載。

また、 文春文庫では、 「向田邦子 没後 40年企画」 として、 向田作品を慕う人気女性作家が『あ・うん』『阿修羅のごとく』『父の詫び状』『隣りの女』4作品に寄せたコメントをもとに新帯を制作。 7月下旬より全国書店で 「向田邦子、 いまふたたび」 フェアを展開中。

文藝春秋の向田邦子作品は、 累計発行部数814万部、 そのうち1位は『父の詫び状』で累計183万部。 さらに、 現在発売中の 「 オール讀物 」 8月号では、 創刊90年企画として『向田邦子特集』を企画。 向田さんの妹の 向田和子と伊吹有喜の対談、 第165回の直木賞候補として注目を集めた 一穂ミチのエッセイなども掲載。

unnamed-2.jpg

原田マハ コメント
小説を書く前から、 自分の中にベースとしてあるのは1人の女性としての「向田邦子スタイル」だ(『隣りの女』によせて)

伊吹有喜コメント
人生の哀歓や人の裏表。 すべてを見通しながらも温かい。 その眼差しがたまらなく好きです(『父の詫び状』によせて)

小川糸コメント
もう何度読んだかわからない。 間違いなく、 私が最もくり返し読んでいる作品(『あ・うん』によせて)

平松洋子コメント
20代で観た“阿修羅″に戦慄! この脚本家が手がけるドラマはなぜこうも忘れられないのだろう(『阿修羅のごとく』によせて)

Rooftop

「向田邦子」をもっと詳しく

「向田邦子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ