三浦春馬さん“遺作ドラマ”放送へ、恋人役・松岡茉優が思いを語る

8月4日(火)18時15分 アサジョ

 女優の松岡茉優が8月2日、自身のラジオレギュラー番組である「マチネのまえに」(TBSラジオ)で故・三浦春馬さんへの思いを語った。

 松岡茉優は番組冒頭で9月放送予定の連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS)について、「何もなかったかのようにお話していくのが難しいな、と思いまして、ドラマについてのことを少しだけお話しさせてください」と切り出した。

「もう2週間とちょっとたちますが、とても悲しいことがありました」と三浦さんの死について触れるとともにドラマが一部台本を書き直し、全4話として放送することを報告。

「この判断、決断についてまっさらの正解というものはないんだろうなと思います。でも、私のとても個人的な気持ちとして、1カ月と少し、相手役としてお芝居を受けていた身として、あの素晴らしい猿渡慶太(三浦春馬)という人物を皆様に観てほしいと思いました。猿くんは彼しかいないなと思います。本当に素晴らしいお芝居を観てほしい」と三浦さんの演技を絶賛。

 一方で「ただ、もうひとつ強く願っているのがこれ以上皆様を悲しませたり、辛くさせたりするのは避けたいです。ですので、私たちはこの物語を全力で作っておりますが、もし受け取れないかもしれない、辛くて観られないかもしれないという方はどうかご無理なさらないでください」と三浦さんのファンにも配慮した。

「9月15日から放送予定の『おカネの切れ目が恋のはじまり』は松岡茉優演じるモノや恋に一途ですべて計算通りの“清貧女”九鬼玲子と三浦春馬さん演じる金遣いが荒い“浪費男”猿渡慶太による、おカネを通じて繰り広げられるひと夏の恋物語です。三浦さんが亡くなった直後は代役を立てることやお蔵入りまで検討されましたが、結果的に全8話を4話に短縮し、放送が決定しました。東仲恵吾プロデューサーの『皆様から、三浦春馬さんが演じたこのドラマを見たいという非常に多くのご要望をいただきました』というコメントからも分かるように、世論に後押しされた結果と言えるでしょう。三浦さんはドラマの公式サイトで『台本を読み進めるのがとても楽しみ』『松岡さんとも現場で話し合いをしながらアイデアを出し合って、よりよいコンビネーションみたいなものを築き上げていきたいと思う』と意気込みを語っていたので、きっと良質な作品になっているでしょう」(芸能記者)

 ネット上では《観たら悲しくなるとは思うけれど、最後まで精一杯頑張った三浦春馬を見届けたい》《松岡さんも、お辛いでしょうに、ありがとうございます》《大丈夫!三浦春馬さんは役そのものにしかいつも見えないので、作品を見ている間はむしろ亡くなったことを忘れられます!そこにその役として生きています!》といった賛同の声があふれている。

 多くの人の心に残るドラマになりそうだ。

(柏原廉)

アサジョ

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ