清原果耶 最新主演ドラマで歌声披露「また挑戦したいです」

8月4日(日)6時0分 女性自身

いま若手といわれる女優のなかで、活躍に期待が寄せられる1人に清原果耶(17)がいる。彼女を表現する代表的なワードは“透明感”。NHK連続テレビ小説『なつぞら』ではヒロインなつ(広瀬すず)の妹・千遥役として登場。事前のキャスト発表がなく、衝撃的な登場となったのは記憶に新しい。



「オンエアを見た人から『びっくりした。果耶ちゃんだったんだね』というコメントをもらったりしました」(清原・以下同)



そして放送中の『螢草 菜々の剣』(NHK-BSプレミアム・毎週金曜20時〜)では時代劇初主演を務める。武士の娘で、奉公先で献身的に勤める女中・菜々役だ。



「菜々も私も目標に向かって少しずつでも前へ進もうとする部分が似ているかもしれません。姫か武士かと聞かれたら私は武士タイプかなと思います。全力を尽くして、嘘のない芝居をしたいという思いは強くあるので、そういう真っすぐな部分に通じるものがありました」



デビューは13歳で出演した“朝ドラ”(『あさが来た』)。初々しい存在感で覚えている人も多いだろう。



「あれから4年。あっという間でした。楽しいという感覚を失わずにずっとここまできているので、引き続き楽しみながら新しいことに挑戦して、いろんな景色が見られたらいいなと思います」



『螢草 菜々の剣』のエンディングでは歌声も披露している彼女。



「歌うことは好きなので、また機会があれば挑戦したいです」



目まぐるしく成長していく姿はまぶしいほど透き通っていた。

女性自身

「清原果耶」をもっと詳しく

「清原果耶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ