EXIT、NMB48、ゆりやんらに歓声! 北海道でウォーキングイベント

8月4日(日)11時15分 マイナビニュース

北海道で開催中の吉本興業と北海道による「みんわらウィーク」で4日、ウォーキングイベント「SDGsウォーク2019」を開催。次長課長河本準一パンサー尾形貴弘菅良太郎、EXIT、ゆりやんレトリィバァ、NMB48の太田夢莉、加藤夕夏らが一般参加者とともに笑顔でスタートした。

「SDGsウォーク」は、お笑い芸人やアスリートと一緒に夏の北海道を歩き、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」を楽しく学ぶウォーキングイベント。札幌コンベンションセンターを周遊する約2キロのコースと、札幌コンベンションセンターをスタート・ゴールとする約10キロのコースが用意された。

オープニングイベントでは、参加するお笑い芸人やアスリートたちが札幌コンベンションセンターの屋外ステージに集結した。人気急上昇中のEXITは「ポンポンポーン!」と元気よく登場し、歓声に笑顔。次長課長・河本準一はウォーキング中の注意事項説明の際に「テープ回していいんですか?」と吉本興業の騒動をネタにして笑いを誘い、ゆりやんレトリィバァのボケやパンサー・菅の尾形いじりなどで盛り上がった。また、NMBからは太田夢莉、加藤夕夏、小嶋花梨、上西玲、菖蒲まりん、堀詩音が参加した。

そして、全員でラジオ体操を行ってから、芸人やアスリート、NMB48のメンバーたちが一般参加者をハイタッチで送り出し、自分たちも順にスタート。元気いっぱいにコースへと飛び出した。

■2kmコース参加者
次長課長・河本準一、アキナ、尾形貴弘(パンサー)、菅良太郎(パンサー)、EXIT、ハイキングウォーキング、ゆりやんレトリィバァ、すっちー(吉本新喜劇)、酒井藍(吉本新喜劇)、吉田裕(吉本新喜劇)、NMB48(太田夢莉、加藤夕夏、小嶋花梨、上西玲、菖蒲まりん、堀詩音)、田中光(体操)、星野伸之(野球)

■10kmコース参加者
Jewel(ami、Nono、MOMOKA)、カズ山本(野球)、永島昭浩(サッカー)、近藤岳登(サッカー)、難波宏明(サッカー)、平山相太(サッカー)、石橋貴俊(バスケット)、郷司利也子(ボクシング)、大村三郎(野球)

吉本興業と北海道による「みんわらウィーク」は、北海道が制定した8月8日の「道民笑いの日」を盛り上げ、お笑いの輪を全道に広げるイベント。4回目となる今年は、8月2日〜8日の7日間、メイン会場の札幌コンベンションセンターを中心に、さまざまな企画を展開する。

マイナビニュース

「EXIT」をもっと詳しく

「EXIT」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ