映画監督のアラン・パーカーさん死去

8月4日(火)4時36分 ナリナリドットコム

1978年の映画「ミッドナイト・エクスプレス」などで知られるアラン・パーカー監督が死去した。76歳だった。長年の闘病生活の末、7月31日にこの世を去ったことを、遺族が広報を通じて発表している。

パーカーは1980年の「フェーム」、1996年作「エビータ」など、脚本家および監督として多彩な才能を発揮、「ミッドナイト・エクスプレス」や1988年の「ミシシッピー・バーニング」では、アカデミー賞にもノミネートされた。

1974年に短編映画「アワ・シシー」で監督デビューを果たした後、「ザ・コミットメンツ」「ダウンタウン物語」「エンゼル・ハート」「アンジェラの灰」などを世に送り出したが、2003年の「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」が最後の作品となっていた。

そして、2015年には引退宣言、その決断について「私は24歳の時から監督をしているが、毎日が闘いで、毎日が困難だった。意見が合わないプロデューサーやスタジオと争ったりね。映画とはとてもお金がかかるものだ。高価だということは、誰かの下に立たなければならない」「ロープをくぐり、リングに上り、その仕事のために一生パンチを繰り広げてきた。私と一緒に仕事をした経験がある人は誰でも、望む通りの映画にするためにどれだけ闘ってきたか知っている」と説明していた。

ナリナリドットコム

「死去」をもっと詳しく

「死去」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ