82歳の元阪神投手・バッキーは、「甲子園の土をもう一度踏みたい」と切望している

8月5日(月)5時30分 文春オンライン

 1969年の7月上旬、伝説の外国人投手が大阪で野球のマウンドを踏みしめていた。彼は歴史的な日本プロ野球記録を更新するはずだった。もう1勝すれば、ジーン・バッキーは101勝を果たし、外国人選手最多勝記録の単独保持者になるはずだったのだ(100勝時点では、友人であり、ライバルでもあった南海ホークスのジョー・スタンカとの共同保持だった)。


 しかし、背中の痛みのために、彼はシーズン半ばで第一線を退き、その後グラウンドに戻ってくることはなかった——少なくとも選手としては。2019年現在、同じ男は甲子園に戻り、新しい伝説の外国人投手、ランディ・メッセンジャーが自身の記録を更新する瞬間を見届けるというミッションに挑戦している。



ジーン・バッキー氏©文藝春秋


 残る問題は2つ。肩の治療のために渡米したランディ・メッセンジャーが、日本に帰国することはあるのだろうか? そして、健康状態の悪化のために旅することが難しいバッキーが、来日する方法を見つけることができるのだろうか?


 幸い、バッキーに手を差し伸べている第三者がいる。あとは、メッセンジャーが2勝しバッキーの100勝に並ぶこと、そして欲を言えば、さらにもう1勝し、バッキーの記録を更新することを祈るのみだ。


沢村賞を受賞した、阪神の外国人選手


 ジーン・バッキーは1960年代に阪神で活躍した選手で、タイガースの投手陣の黄金時代に、素晴らしいシーズンをもたらした人物だ。妻に先立たれ、80代にさしかかったバッキーと、新しく立ち上がったとある団体は、彼を20年ぶりに甲子園球場に帰らせようとしている(バッキーが最後に来日したのは1995年の阪神大震災の翌年だ)。


 わたしがバッキーのことを知ったのは偶然だったが、彼との出会いが阪神にのめりこむようになったきっかけの一つとなった。


 当時、わたしは自身が運営する英語の阪神ニュースブログをレベルアップさせたいと考えていたところで、大胆にも阪神のランディ・メッセンジャー選手が2014年の沢村栄治賞を受賞するのではないか、と予測する記事を書こうと思いついた。そこで、もしかして過去に同賞を受賞した外国人がいるのではないかとひらめいたのだ。


 つかのまのリサーチで、たった一人、ジーン・マーティン・バッキーが1964年に受賞していたことがわかった——喜ばしいことに、バッキーは阪神の選手だったのである!(2016年に広島カープのクリス・ジョンソンが同賞を受賞、バッキーの仲間入りを果たした)


ジャイアンツを相手にノーヒットノーラン


 当時のわたしが知らなかったことで、今知っていることを説明しよう。バッキーは1962年にハワイを拠点とする野球チームオーナー、エンジェル・マエハラの手引きにより阪神の入団テストを受けた。直後に入団、歴代助っ人投手の中でもっとも深い爪痕を残した。彼はほとんど独力でチームを1964年の奇跡的セ・リーグペナントレース優勝にみちびき、1965年に読売ジャイアンツ相手の試合でノーヒットノーランを達成(バッキー以降、阪神の投手が成し遂げていない快挙だ)。阪神に在籍していた7シーズンで100勝を果たした。



 なにはともあれ、1964年の沢村賞受賞について知ってから、バッキーについての好奇心を抑えられなくなっていた。彼はいまどこにいるのだろう?



伝説の選手とフェイスブックで


 すぐに彼が引退後、故郷のルイジアナ州ラファイエットに居住し、牧場を経営していたことを突き止めた。さらに、現役のフェイスブックユーザーであることもわかった。フェイスブック上で連絡を取ったところ、彼がインタビューに応じる約束までしてくれたため、わたしの胸は高鳴った。当時のわたしは初心者ブロガーで、タイガースブログも1日30ヒットいけばいいほうだったので、なおさらである。



 まるでビデオゲームで新たなステージが解除されたかのような感覚だった。なんだこれは、阪神について英語でブログを書いているからって、阪神OBどころか、伝説の選手たちとやり取りできるってこと?(当時は信じられなかったが、そのとおりだった——これまで引退した選手十数人と接触をし、やり取りしているOBたちは増え続けている)。


 すぐにこれはビデオゲームではないし、わたしが主人公でもないことがわかった。バッキーと話している中で、わたしは晩年を過ごすとある男性の人生の詳細と、彼が阪神の選手として日本で過ごした日々をとても大事に思っていることを知ることとなった。彼はいつも阪神時代のチームメイトやコーチ、遠征や愛する妻との日本での生活、そしてOB戦に出場するための、引退後の複数回の日本への旅行について、楽しそうに語るのだった。


最愛の妻の死…そして病気・障害


 彼の人生は悲劇から程遠いが、スムーズに進んだわけでもない。まるで見ごたえのある野球の試合で、どのような球が、どんなスピードで、どこからくるのか予測がつかないかのようである。



 2011年にバッキーは最愛の妻を腎臓の病気でなくした。2015年にフェイスタイムで会話したとき、彼は妻をどれだけ愛していて、どれだけ恋しく思っていたかを話した。いかに素晴らしいパートナーで、母親で、看護師であったかということ、彼女を思わない日がないこと。当時新婚だったわたしは、彼の境遇に自分の妻との関係を重ね合わせ、心の中で泣いていた。


 その上、自身の病気や障害のために、日々の生活にも困難が生じた。膀胱手術を受けたことでしばらく調子が悪かったし、股関節置換手術を2度も受けたことで、歩行が難しくなった。彼はさすがに老いを感じている、と話している(2019年8月には82歳になる)。



バッキー自身が来日を強く希望


 それでも、彼はわたしが知る中でもぶっちぎりで快活な老人だ。阪神時代、銭湯で近所の子どもたちと風呂をともにした愛想の良い男性そのまま。シャープなウィットもちっとも失われていない——そう、現役時代、審判に不満を示すため、(球ではなく)ロジンバッグを頭上に投げ、「あれはボールだ。でも俺のピッチはストライクだ!」と豪語したときのようなウィットだ(最近、フェイスタイムで会話した際に、彼はわたしの髭面を見て「そのクソみたいな髭は剃らなきゃダメだ!」と言っていた)。



 いまでも記憶力がよく、日本での思い出を詳細に思い起こし、感情たっぷりに話してくれる。広島に行く途中、チームが姫路に寄って購入するぶどうの大きさや、生きてきた中で一番うまいステーキを食べた店のこと(引退後、牧場を経営していた彼がそう言うのだから、相当な味だったろう)、今も日本に在住するマイク・ソロムコ(1960年から1963年まで阪神タイガースに在籍)を含む、日本でできた友人らの名前。


 そして、バッキーは日本にもう一度戻りたいという強い願望を持っている。日本が恋しいだけでなく、阪神のランディ・メッセンジャー選手が彼の外国人投手球団最多勝記録を塗り替えるとき、直接祝いたいというのだ。



 バッキーはメッセンジャーに記録を更新してほしいと考え、この6年間、メッセンジャー選手と連絡を取ってきた。最近、バッキーは誰かに記録が受け継がれるべきだし、ランディがぴったりだと話してくれた。さらには、メッセンジャーの阪神在籍中にタイガースがペナントレース優勝することと、阪神在籍10年目に沢村賞が与えられることも望んでいるという。


バッキー来日を実現するために


 記録が塗り替えられるとき、彼がそこにいられれば理想だろう。しかし、問題はバッキーの健康状態が、彼が飛行機に乗って大阪へ向かうことを難しくしているということである。


 良い知らせは、バッキーは今、外国人OBと日本のファンをつなぐ「一般社団法人 日本プロ野球外国人OB選手会」(以下:JRFPA)の名誉会長をつとめているということ。具体的には、プロモーションイベントや臨時講座、企業イベントや物販、著作権管理を行う団体で、創設者のウィリアム・ブルックスはバッキーを日本に送ることはJRFPAの優先事項だと話す。来日は9月末に予定されており、バッキーが昔のチームメイト(レジェンドである吉田義男や小山正明も含まれる)とプロモーション活動を行うことになっている。もちろん、ブルックスは元記録保持者のバッキーと、新記録保持者のメッセンジャーを引き合わせたいとも考えている。



 バッキーと話し、彼の日本やタイガース、甲子園への情熱を伺うたびに、わたしは英語で阪神について執筆活動を始めてよかった、と思う。


 僕の頭の中にはこのようなシナリオが流れている:メッセンジャーはシーズンの終わりまでに日本に帰国し、2勝する。1年の終わりの、あともう1勝という局面で、メッセンジャーは甲子園のマウンドに立ち、読売ジャイアンツと向かい合っている。


 バッキーは群衆の中で、メッセンジャーを応援している。そして、幸運が重なれば、僕もそこにいるだろう。過去に歴史を作ったレジェンドとハイタッチし、新たに歴史を作るレジェントに拍手を送りながら。



(T-Ray)

文春オンライン

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ