森下千里、驚きの「ヌード宣言」に大歓迎の声! 劣化知らずの美貌と極上ボディで需要は高い?

8月5日(土)12時0分 メンズサイゾー

 元人気グラビアアイドルでタレントの森下千里(もりした・ちさと/35)が、3日深夜放送のトークバラエティ番組『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)に出演し、驚きの"ヌード宣言"をしたことが話題になっている。


 88センチFカップの抜群のプロポーションと美貌で男性誌を席巻し、熊田曜子(35)や安田美沙子(35)らとともにグラドル黄金期の一時代を築いた森下。『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)などバラエティ番組でもお馴染みの存在となっていたが、実は2年前から今春まで芸能活動を休止していた。


 同番組では、森下が自身のグラドル全盛期を回顧。2001年に20歳で芸能界デビューし、グラビア各誌で"攻めのポーズ"といわれる女豹のポーズで大人気となった。森下は「体が柔らかかったので、何やっても勝手に攻めのポーズみたいになっちゃった」と当時を振り返りつつ、ヌードのオファーについて聞かれると「全然あったと思います」と語り、事務所側が断っていたのではないかと推測した。


 さらに森下は「私は途中から(ヌードを)やりたいって気持ちもあって。今も全然あるんですけど。一応鍛えてるし、逆に言ったら、本当にダメになる前に撮っておきたい」と爆弾発言。続けて「当時、意外と守っていて、ギリギリ路線みたいな感じではなかったんです。ポーズとかでごまかして露出はセーブしてくださっていた。いつかは脱ぎたいなと思ってた」と"ヌード宣言"が飛び出した。


 森下は「オファーがあれば考えます」と断言し、司会のネプチューン・名倉潤(48)らが「絶対オファーくるで」「こんなん言うたの初めてや」などと驚愕する事態となった。


 これにネット上の男性たちからも「ぜったい需要ある!」「森下千里のヌード...確実にエロいでしょ」「どこか出版社、早くオファーしろ!」などと歓迎コメントが続々と書き込まれた。


 その一方で「もう年齢的に厳しいのでは」との声もある。だが森下は今月1日付の自身のブログで、「いま、マツエクも抜け落ち、完全、スッピン」とすっぴんを公開し、ファンから「すっぴん可愛い」「すっぴんでも美人」などと大好評。いわゆる「すっぴん風ナチュラルメイク」ではない完全すっぴんと思われるが、まったく劣化知らずでグラドル時代と遜色ない美貌を保っているようだ。


 さらにボディも本人が「鍛えている」というだけあって見事なプロポーションを維持。もしフルヌードが実現すれば、グラビア時代の美貌とスタイルそのままの大興奮モノの作品となりそうだ。


「森下さんは休養期間中、ファイナンシャルプランナーとして株取引を始めたり、不倫をテーマにした小説『倍以上彼氏』(河出書房新社)を書き上げたり、占い師としても活動していました。さらにピラティスやジャイロキネシスなどのボディワークやゴルフのティーチングプロの資格を取得し、常に身体を鍛えている。その運動効果によって抜群のプロポーションを現在も保っているようです。しかし、いくら劣化知らずといっても年齢的なタイムリミットはあるでしょうから、今回の『オファーがあれば』というヌード宣言はリップサービスではない本気度が感じられます」(アイドルライター)


 男性ファンたちの反応を見てもヌード需要は高そうな気配であるだけに、グラドル時代は水着で隠されていた極上ボディの完全解禁を期待したい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「森下千里」をもっと詳しく

「森下千里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ