菜乃花、胸を揉まれて照れまくり! 劇団ひとりを奮い立たせる“恥態”で視聴者も刺激

8月5日(月)15時0分 メンズサイゾー

#ゴッドタン 見て下さった皆さん!
ありがとうございました🥰!

DVDでの恥ずかしがり方が本当なのかどっちかわからなくて秀逸!と小林Pに推薦して頂き登場でした🥺嬉しい🥺💓

そして、30にして世界水準の横乳と光栄なお言葉をたくさん頂きました🥺✨ pic.twitter.com/rjZFqDbull


— 菜乃花 (@nnk_77) 2019年8月3日



 3日深夜放送の人気バラエティ『ゴッドタン』(テレビ東京系)で、グラビアアイドルの菜乃花(なのか/30)が共演者を興奮させる“恥態”を見せた。


 この日の放送では、「このグラドル知ってんのか?」という企画を実施。同番組で人気の若手芸人を紹介する「この芸人知ってんのか?」のグラドルバージョンだ。


 これからのグラビア界を担うであろうイツザイは、日本屈指のグラビア通だという講談社の小林編集者や現役グラドル代表として登場した倉持由香(27)らがピックアップ。彼らによると、現在、「第三次グラドルブーム」が到来の兆しを見せているという。


 そのブームで頭角を現すに違いない美女のひとりに挙げられたのは、「巨乳すぎるリポーター」として話題のGカップ・出口亜梨沙(27)。続いて、倉持の事務所の後輩で、Twitterの動画投稿「10秒グラビア」で人気の水沢柚乃(21)が紹介される。それから期待のネクストブレイク候補として、清純派にして大胆な脱ぎっぷりを見せる葉月つばさ(21)がスタジオに登場。アイドルらしい清楚な雰囲気を漂わせながら、「エロ漫画が好き」と告白して「ヤリ●ン」と連呼するなど、ぶっ飛んだところを見せて番組を盛り上げた。


 そんな若手の後に現れ、番組レギュラーの劇団ひとり(42)を奮い立たせたベテランがいる。それが菜乃花だ。


 番組では、アグネス・ラム(63)が人気を博した70年代半ばを第一次グラドルブーム、細川ふみえ(47)や雛形あきこ(41)などを擁した巨乳軍団「イエローキャブ」が大暴れした90年代を第二次、その後にAKB48グループがグラビア界を席捲した00年代を「グラドル冬の時代」と説明。現在は、乃木坂46をはじめとする坂道グループが絶大な人気を誇るが、その主戦場は写真集のため雑誌グラビアに「空き」ができ、生粋のグラドルの露出が増えているという。


 2011年デビューの菜乃花は、まさに冬の時代を生き抜いたグラドルのひとり。そんな彼女のことを小林氏は、「完璧なスタイル」「世界水準の横乳」などと絶賛する。特に映像作品の「演技が絶妙」だとか。そこで番組では、イメージ作品定番のマッサージシーンをスタジオで再現するため、アシスタントの朝日奈央(25)が菜乃花のカラダを揉みほぐすことになった。


 さっそく朝日は「マッサージさせて」と裸エプロン風の衣装を着る菜乃花の後ろに回り込み、服の中に手を入れて90センチのIカップ巨乳をモミモミ。女子同士とはいえ、服の中で胸を揉まれる様子は、かなり刺激的な映像となった。


 やがて菜乃花は、「恥ずかしい…」と身をよじって抵抗。そこでいきなり劇団ひとりから、「もうやめよう」との声が上がる。続けて彼は、「勃っちゃうから」とストップのワケを正直に明かすのだった。


 これにネット上の男性視聴者も、「劇団ひとりの気持ちがよくわかる」「エロすぎます」「菜乃花の照れてる顔がやばい」などと大盛り上がり。胸を揉まれて恥ずかしがる菜乃花に興奮を覚えたファンの中には、さっそく彼女の最新DVDをチェックした人もいたようだ。


 今回、グラドルの冬の時代を知るベテランとして登場した菜乃花。ぶっ飛んだ発言を連発した葉月らも気になるが、抜群のスタイルと恥じらう姿で男心をくすぐる彼女には、引き続きグラビア界を盛り上げてほしいものだ。

メンズサイゾー

「劇団ひとり」をもっと詳しく

「劇団ひとり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ