小嶋陽菜ブランド新服に“正直過ぎる”意見殺到「純粋にダサくね???」

8月5日(月)10時30分 まいじつ


(C)まいじつ 



元『AKB48』の小嶋陽菜が企画・プロデュースするアパレルブランド『Her lip to』(ハーリップトゥー)の期間限定ショップが7月31日、東京・新宿の伊勢丹にオープンした。同売り場において入場応募者が〝過去最高〟を記録するも、ネット上ではどよめきが起こっている。


【関連】小嶋陽菜のファッションに「露出狂にしか見えない」と驚愕の声 ほか


小嶋がプロデュースする『Her lip to』は、昨年6月に通販専門で立ち上がったブランド。小嶋が〝今着たい服〟をコンセプトに素材やシルエットを追求し、女性たちの日常に自然と溶け込みながらも、気品や華やかさのあるスタイルを提案している。


伊勢丹にポップアップストアを展開するのは昨年11月に引き続き2回目。今回は、『Dreaming of a European Summer』(ヨーロッパで過ごす夏)をテーマに、チェリー柄セットアップをはじめ、今年らしい〝ヘソだし〟の水着などさまざまな夏らしいアイテムがそろう。


小嶋は、以前のオープンに比べ「手応えとしてはもう違うブランドみたい」と〝成長〟を喜び、これから続々と始まる夏のイベントなどに「うちのブランドを選んでもらえたら」と期待を寄せた。





 


「肉付きのいい人に似合いそう」


女性ファンを中心に、連日大盛況を博しているこのポップストア。しかし、ネット上ではデザインや値段に対して不評なようで、



《純粋にダサくね???》

《一部の人にウケそうな服だね》

《唇(柄)たくさん付けるのはダセエよ》

《肉付きのいい人に似合いそうなデザインだな》

《この人マーメイドライン好きだよね ヒップ強調したいのかな》

《かわいいのとおばさんっぽいのとどっちもあるね。当たりハズレが激しい》

《普段着で3万超えると着るの怖いよなあ》



などと、あくまで〝こじはるファン〟しか購入しないのではないかという懸念の声が相次いでいる。


「『実店舗の運営コストがかからない分、服の質を良くできる』と語る小嶋さんですが、デザインや価格設定がかなり〝キワドイ〟ものとなっています。インスタに掲載されている2着は、一般的に〝安価〟で〝通気性の悪い〟『ポリエステル』という素材。いくらデザインに凝って、ブランド料を上乗せするにしても、約3万円はかなり高め。スタイルも小嶋さんの体型に合わせた形ばかりで、若い女性向けなのにこの料金となると、肝心の小嶋さんのファンが買えない可能性も。夜の商売か、超キャリアウーマンでしか手が出せなくなっています」(女性誌ライター)


芸能人のファッションブランドプロデュースは、なかなかの鬼門。果たしてどうなっていくのだろうか。


 


まいじつ

「小嶋陽菜」をもっと詳しく

「小嶋陽菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ