第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」

8月5日(木)14時4分 Rooftop


LOFTと私


レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。
お待たせしました。今回は1994年7月にロフトで観た最後のライブです。

7月24日はH.G. Factの企画イベントで、私の目当てはDOOMとGRUBBY。

3月からライブ活動をスタートしたGRUBBYが出演するイベントには、頻繁に足を運んでいました。この時点では、おそらく皆勤賞だったと思います。

この年の5月に出た(と思われる)3曲入りの7インチがめちゃくちゃカッコ良くて、ヘビロテしてました。第14回で取り上げているので、そちらもご覧ください。

トリはDOOM。この日は、SHELLSHOCKの千葉“Die”政己さんがベースを担当。オリジナルメンバーである諸田コウさんは、左腕の腱鞘炎の為にバンドから離れていました。

DOOMのオフィシャルサイトに掲載されたインタビュー(2017年3月20日公開)や、2017年9月にリリースされたヒストリー映像作品『Insomniac Days - The History of DOOM -』に収録された藤田タカシさん(g,vo)の発言によると、1992年に発表された『illegal soul』を制作していた時点で既に、諸田さんの左腕は最悪の状態だったようです。

■DOOM 『illegal soul』CD (AHR-2)

Rooftop-16-1.JPG

こちらは『illegal soul』のオリジナル盤CD。

インディーズのAlzheimerから発売された『illegal soul』のCDは流通枚数が少なく、長らく高値で取引されていましたが、2017年3月にめでたく再発。

■DOOM 『illegal soul』CD - Reissue (13RR-1006)

Rooftop-16-2.JPG

13th Real Recordingsからリリースされた再発盤CD。

ジャケを変え、ボーナストラックとしてH.G. Factから発表された3枚の7インチの音源(全4曲)が追加収録されました。

ボーナストラックの4曲を収録した7インチは、以下の3タイトル。

■DOOM / COCOBAT split 7” - PUSHEAD FAN CLUB LIMITED SLEEVE (HG-004)

Rooftop-16-3.JPG
Rooftop-16-4.JPG

1993年にリリースされたCOCOBATとのスプリット7インチ。

本作に収録された“The Nightmare Runs”は、1999年5月7日に亡くなった諸田さんが参加した最後のDOOM作品です。

画像は、PAZZさん(ds)からいただいたPUSHEAD FAN CLUB LIMITED SLEEVE盤。一般流通盤とはジャケットが異なります。おそらく27枚限定の超激レアアイテム。

DOOMの藤田さんとPAZZさん、COCOBATのTAKE-SHITさん(b)、COCOBATに当時在籍していたBBのRYUJIさん(vo)とPULLING TEETHのSUZUKIさん(g)、アートワークを手掛けたPUSHEADのサイン入りです。

■DOOM / HEDGEHOG split 7” (HG-021)

Rooftop-16-5.JPG

“Sure”を収録した7インチ(1994年)。アメリカのHEDGEHOGとのスプリットで、ベースを弾いているのは千葉さんです。

PAZZさんのサイン入り。

■DOOM 『freak out』7” (HG-019)

Rooftop-16-6.JPG

“Cruel World”と“Broken Walls”を収録したシングル『freak out』(1995年)。こちらも千葉さんがベースを弾いてます。

藤田さん、PAZZさん、千葉さんのサイン入り。

*     *     *

PAZZさんが経営する「千駄ヶ谷GOTEN」に、『illegal soul』のジャケットに使用されたオブジェが飾ってあるので、DOOMファンは是非。激ウマ豚骨ラーメンと豊富な一品料理を堪能できる名店です。

私の定番はネギラーメン。麺はハリガネで。

Rooftop-16-7.JPG

千駄ヶ谷GOTEN
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-15-8
03-3350-4818

五辺宏明(ごべひろあき)プロフィール
レコード&昭和プロレス愛好家。ロフトグループの加藤梅造社長との出会いは、ライブハウスのモッシュピット。https://note.com/gobe_vinyl


Rooftop

「ロフト」をもっと詳しく

「ロフト」のニュース

「ロフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ