松本穂香、料理人役で主演! 奈緒&中村獅童と共演「みをつくし料理帖」映画化

8月6日(火)19時20分 シネマカフェ

『みをつくし料理帖』(c) 2019映画「みをつくし料理帖」製作委員会 

写真を拡大

女優・松本穂香を主演に迎えた高田郁のベストセラー「みをつくし料理帖」が映画化、2020年秋に公開されることが決定。角川春樹最後の監督作となる。

時は享和2年。大坂。8歳の澪と野江は、暮らし向きが違えども仲の良い幼なじみだった。「何があってもずっと一緒や」。その約束の夜から、大坂に大洪水が襲う。それから時は流れ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。

種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働き、やがて「つる屋」の看板料理を見出していく。たちまち江戸でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次という強面の男がやってきて、吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼む。そして、この日を境に運命の歯車が動き出す——。

“巨匠プロデューサー”最後の監督作
『犬神家の一族』(’76)を皮切りに、『人間の証明』(’77)、『時をかける少女』(’83)など1970年代から映画の黄金時代を築き上げた巨匠プロデューサー・角川春樹。自らメガホンをとった作品としては、本作が8本目となる。御年77歳を迎える角川監督が、生涯最後の監督作として選んだ本作は、これまでにシリーズ全10巻が刊行、累計400万部を超える大ベストセラー小説。


2012年と2014年には北川景子主演でスペシャルドラマ化。2017年には黒木華主演で連続ドラマ化されるなど、老若男女問わず愛され続けている不朽の名作が、今回「みをつくし料理帖」刊行10周年を記念し、劇場版映画に。本作では、幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語が描かれる。

主要キャスト決定&コメント到着
さらに今回、メインキャスト3名も発表。まず、主演に抜擢されたのは、「この世界の片隅に」が注目を集め、『おいしい家族』『酔うと化け物になる父がつらい』など今年映画の公開を続々と控える松本さん。料理の才を見出され、女でありながら料理人として働く主人公・澪を演じる。

主演抜擢に「初めは驚きましたが、いまは澪を演じられる幸せな気持ちでいっぱいです」と心境を明かした松本さん。「澪という人は、芯の強さ、周りを包み込むような優しさをいっぱいに持っている人だと思っています」と今回演じる人物について明かし、「そんな澪を演じることで、物語の中に流れるあたたかさを、観てくださる皆さんにも感じて頂けるように、精一杯頑張りたいと思います!」と撮影へ向けて意気込みを語っている。


そして、澪と幼なじみの野江役を、連続テレビ小説「半分、青い。」で大きな注目を集め、秋に『ハルカの陶』で映画初主演を果たす奈緒。江戸の吉原で頂点を極めるあさひ太夫を守る男・又次を中村獅童が演じる。

奈緒さんは「『みをつくし料理帖』に参加させて頂けること、さらにずっと憧れだった太夫の役を演じられることが嬉しくてたまりません。自分自身にとって沢山の挑戦がある役ですが角川監督から頂いた『凛』という言葉を胸に、松本穂香さんはじめ素敵な共演者の皆様とご一緒できる贅沢を丁寧に楽しみたいと思います」とコメント。


獅童さんは「本格的な時代劇が少なくなっている昨今ですが、しっかりした時代劇をお見せできるよう頑張りたいと思います」と意気込み、「僕が演じる又次という人物は非常に男らしく、心根が優しい男だと感じています。奇を衒うことなく、真っ直ぐな気持ちで演じることができたらと思います」と語っている。


『みをつくし料理帖』は2020年秋、全国にて公開予定。

シネマカフェ

「料理」をもっと詳しく

「料理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ