今夜の『TWO WEEKS』芳根京子、三浦春馬と自身の“因縁”を感じ…

8月6日(火)10時30分 クランクイン!

『TWO WEEKS』第4話場面写真(C)カンテレ

写真を拡大

 俳優の三浦春馬が主演を務める、新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)第4話が今夜6日放送。第4話では、結城(三浦春馬)の婚約者だったすみれ(比嘉愛未)の娘が8歳だと聞いた楓(芳根京子)は、父が刺殺された事件との因縁を感じる。 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦春馬演じる結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。三浦春馬のほか、芳根、比嘉、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固める。

 8年前と同じように、柴崎(高嶋)が自分に殺人の罪を着せたのだと確信した結城は、自らの濡れ衣を晴らすために、殺された愛(立花恵理)が持っていたデジカメをサトル(森永悠希)から回収しようと考える。しかし、待ち合わせ場所で目にしたのは、幼いころから兄弟のように育ったサトルの変わり果てた姿だった。

 灰谷(磯村勇斗)がサトルを殺してデジカメを奪ったと考えた結城は、柴崎を追い詰めるための手立てを失い、途方に暮れる。そんな中、一夜を過ごした公園で、結城は若者たちに絡まれている春川(柿澤勇人)を助ける。住居を転々としながら生活をする春川の手助けを受けた結城は、娘・はな(稲垣来泉)のために何とか逃げ切ろうと、手術の日まで人目につかない離島に身を潜めようと考える。

 そのころ、結城が8年前に結婚を考えていたことを知った楓は、婚約者だったすみれの存在にたどり着く。さらに、入院中の娘の年齢が8歳だと聞き、父親が刺殺された事件との因縁を感じた楓は、真実にたどり着けそうだと早穂子(黒木)に報告。しかし同じころ、柴崎もまた、すみれの居場所を突き止めていた。

 一方、結城の身辺を調べていた有馬(三浦貴大)は、結城に接触したという女性がすみれで、結城こそが、はなのドナーなのではないかと疑いを抱き始める。

 ドラマ『TWO WEEKS』第4話はカンテレ・フジテレビ系にて本日8月6日21時放送。

クランクイン!

「三浦春馬」をもっと詳しく

「三浦春馬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ