クリストファー・ノーラン新作、各国の公開日決定

8月6日(木)8時0分 ナリナリドットコム

クリストファー・ノーラン監督の最新作「TENET テネット」が、9月3日の全米公開に先駆け、8月26日から欧州・アジア圏を皮切りに世界各国で順次公開されることがわかった。日本では当初予定から変わらず、9月18日に全国公開される。

新型コロナウィルスの影響により、ハリウッド映画大作が軒並み公開延期発表される中、従来の公開形態を覆す今回の異例発表は、常に“映画の劇場体験”にこだわり続けるノーラン監督の最新作「TENET テネット」だからこそ実現できたこと。混沌とした状況が続く世界中の劇場と、映画ファンに新たな希望を与えるノーラン監督からのメッセージだと言える。

さらには本作の公開をきっかけに、今後の洋画大作の新たなスタンダードになるかもしれないと世界中から期待を寄せられている。

ノーラン監督自身が「これまでで最も野心的な映画」だと公言する本作は、世界7か国を舞台にIMAXカメラで撮影、ノーラン作品史上最高額となる約2億ドル以上と言われる巨額(※IMDb調べ)を投じ、時間が逆行するというゲーム性をこれまで観たこともない映像表現で描かれる。

海外の報道によると、製作に携わったIMAX社CEOのリチャード・ゲルフォンド氏は、「映画に入り込む体験がこんなに素晴らしいものだということを忘れていました。『TENET テネット』は本当に美しく、素晴らしい映画だと、ポストプロダクションに参加した多くのスタッフから聞いています」とコメントを寄せており、早くも関係者各所から大絶賛の声が広がり始めている。

ナリナリドットコム

「新作」をもっと詳しく

「新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ