ポカリスエットとアニメ「はたらく細胞」がコミケで熱中症対策を呼びかけ

8月6日(火)11時5分 おたくま経済新聞


 今年は8月9日から12日までの4日間にわたって開催される「コミックマーケット96」(通称コミケ)。連日の酷暑で脱水状態から熱中症を起こす人が後を絶たない中、真夏のコミケは多くの人が集結し、さらに熱気が高まることが予想されます。そこで、大塚製薬株式会社のポカリスエットは、TVアニメ「はたらく細胞」とのコラボを通じて、熱中症対策を呼びかけます。

 会場では、「ポカリスエット」「イオンウォーター」(500mlペットボトル)や「ポカリスエット ゼリー」「ポカリスエット アイススラリー(青海展示棟Aホールのみ)」などを販売、製品を2つ購入した人には、「ポカリスエット」と「はたらく細胞」がコラボレーションした会場限定オリジナルステッカーが1枚プレゼントされます。



 ポカリスエットのブースは、西・南展示棟南2ホール・防災公園・青海展示棟Aホールの3か所。西・南展示棟南2ホール・防災公園のブースには、「はたらく細胞」の人気キャラクターとポカリスエットがコラボした等身大パネルが設置されます。







 また、青海展示棟Aホールのブースでは、熱中症への理解促進と対策を行う大切さを知ってもらうため、「ポカリスエット」とアニメ「はたらく細胞」がスペシャルタッグを組んだコラボムービー「第11.5話 熱中症〜もしもポカリスエットがあったら〜」を上映。



 この「第11.5話」は、7月8日からポカリスエット公式サイトにて公開されている、既存の第11話のアニメーションに新規カットを多数追加したオリジナルストーリー。公開以降、総視聴回数は103万回を突破しています。本作品では熱中症になるメカニズムや、電解質を含む水分の補給の大切さが分かりやすく描かれています。

 熱中症対策に充分な量の水分を持参していたはずでも、暑さのあまり足りなくなることも考えられます。各ブースで販売されているポカリスエットを活用し、会場で熱中症にならないよう、こまめに水分補給を心がけましょう。



情報提供:「TVアニメはたらく細胞『第11.5話 熱中症〜もしもポカリスエットがあったら〜』」事務局

(梓川みいな)

おたくま経済新聞

「ポカリスエット」をもっと詳しく

「ポカリスエット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ