ヤクザと大学の関係、理事長選への関与やステータス獲得の狙い

8月6日(月)7時0分 NEWSポストセブン

鈴木智彦氏が「ヤクザと大学」を語る

写真を拡大

 日大のアメフト問題、東京医科大の裏口入学など、大学の抱える闇が次々に明るみに出ている。その最大タブーが、ヤクザの存在である。本来交わることのない両者が結びつく「教育界のタブー」を、暴力団取材のスペシャリストであるジャーナリストの溝口敦氏とフリーライターの鈴木智彦氏の2人が語り合った。


鈴木:ヤクザと大学と言えば、私立大学の学長選にヤクザの影がちらつくことはある。学長選挙のたびに知り合いのヤクザから学長候補を名指しして「こいつは山健派だ」「こいつは弘道会派だ」という声が聞こえてくる。


 実は学内選挙や選考会議を経て理事長が決定される国立と違い、私大の約7割は理事会や学長選考委員会といった限られた人間の意向で動くため、票集めが容易です。


溝口:票集めにヤクザが一枚噛んでいれば、校舎や施設の建設工事に噛める。


鈴木:ですが、金額も空港建設の利権などと比べたら、はるかに小さいですよね。


溝口:それでいて逮捕される危険性は高い。だから、今どきヤクザの側から教育機関に近づくことは考えづらい。接触するのは大学教授の側からじゃないか。大学教授のような立派な肩書きの人間が、ヤクザに憧れてヤクザグッズを集めているなんて話はよくある。



鈴木:1973年に公開された映画『山口組三代目』が大ヒットしたように、今の学長クラスの世代は物語として描かれた暴力団像を持っていたりしますからね。


溝口:世間の見方とは逆なんだよね。私もそういう人にグッズ集めの協力を依頼されることがあります。


鈴木:もっとも、ヤクザの側もブランド志向だから、大学教授と話せることはステータスになるんですよね。それにヤクザは困ったときに「はい」ってお金を用意できる人種だから。


 以前、日大の名誉教授が、山口組元最高幹部から2000万円を借りながら返していなかった問題が報じられましたが(2015年)、そういう個人的なカネの貸し借りは今でもあると思います。


 あとは女子大生と関係持って揉めたとか、人間関係のごちゃごちゃしたところに入り込んでいって、仲裁を建前にお金を巻き上げる組員もいるでしょう。


溝口:ヤクザが教育ビジネスに入り込んだ例としては、六代目山口組・司忍組長の出身母体、弘道会が関与した例がありますね。



鈴木:名古屋の学習塾チェーンの代表が、弘道会の資金源と見られる風俗店グループに6億円の融資をしていたことが問題になった件ですよね。その代表は「2012年の小学校設立にあたり出資をしてくれたから」とメディアに融資の理由を答えたことで「弘道会の幹部養成学校だ」と大騒ぎになりました(代表は辞任)。


 司組長と言えば、いま話題の日大・田中英壽理事長とのツーショット写真が話題になったこともありましたね。


●みぞぐち・あつし/1942年東京浅草生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション大賞を受賞。『山口組三国志 織田絆誠という男』(講談社)など著書多数。


●すずき・ともひこ/1966年北海道札幌生まれ。『実話時代』の編集を経てフリーライターへ。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)など著書多数。


※週刊ポスト2018年8月17・24日号

NEWSポストセブン

「学長」をもっと詳しく

「学長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ