霞が関ブローカーと文科省トップ、夜の宴に興じた証拠メール

8月6日(月)7時0分 NEWSポストセブン

戸谷氏が送ったメール

写真を拡大

 霞が関を揺るがす汚職事件はついに、文部科学省の事務方トップにまで疑惑が波及することとなった。


〈楽しい飲み会に参加させていただきありがとうございました〉〈また何らかの形で様々なご教示を賜れば幸いです〉


 そんな文面のメール記録がここにある。


 送信日時は2015年11月2日で、送信者は戸谷一夫・現文科次官。一斉送信の宛先には、一連の汚職事件において贈賄容疑などで逮捕・起訴された医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司・被告のアドレスが含まれていた──。


 7月に入り、文科省では佐野太・局長、川端和明・統括官という2人の現職幹部が相次いで東京地検特捜部に逮捕された。息子を裏口入学させるために東京医科大に便宜を図ったとされる佐野氏の事件、高額接待を受けた見返りに医療コンサルタント会社に便宜を図った疑いのある川端氏の事件、その両方の事件に絡んでいるのが谷口被告だった。


「谷口氏は、裏口入学事件では佐野氏と東京医大をつないだ受託収賄幇助容疑で逮捕・起訴、川端氏の事件では贈賄側として逮捕されている。


 事件の全容解明の鍵を握る谷口氏は、政界人脈を誇示しながら文科省を中心に中央省庁に出入りし、政・官・業をつなぐ役割を果たす“霞が関ブローカー”だったとされる。自身が役員を務めていた会社へ便宜を図ってもらう見返りに、官僚を接待攻勢で次々に籠絡していったとみられています」(捜査関係者)


 冒頭のメール記録は、その谷口被告と戸谷次官に“接点”があったことを示しているのだ。



 戸谷次官からの一斉送信とそれに連なる返信のやり取りがなされた宛先には立憲民主党の議員や、谷口被告と親しい電気通信関連会社社長の名前も含まれている。“政・官・業”のメンバーが揃った会合が行なわれていたように見える。


 現在、そのメールは一部を伏せ字にしたかたちでインターネット上にも出回り始めているが、一斉送信の宛先に改めて取材依頼を送るとそのうちの一人から返信があり、戸谷次官が参加した宴席がたしかにあったと回答した。


〈正面に座っていたのが戸谷さんだったのは覚えています〉〈会話は科学技術系のことだったと思いますが、内容までは記憶にありません〉


 この会合で何が話し合われ、その費用を誰が負担したのか。戸谷氏を自宅前で直撃すると、「何もお答えできません」と言って足早に迎えのタクシーに乗り込んだ。


 すでに特捜も戸谷次官へ任意の聴取を行なうなど、疑惑の連鎖は、収束の気配が全く見えない。


●取材協力/伊藤博敏(ジャーナリスト)


※週刊ポスト2018年8月17・24日号

NEWSポストセブン

「メール」をもっと詳しく

「メール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ