「この曲に救われました」リスナーの“米津玄師”エピソード

8月6日(木)17時0分 TOKYO FM+

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。8月5日(水)は、『米津玄師NIGHT』を放送しました。この日リリースのニューアルバム『STRAY SHEEP』の収録楽曲をはじめ、リスナーが思い入れのある1曲をそのエピソードとともにリクエスト。パーソナリティのこもり教頭が、楽曲ごとに感想を伝えました。

こもり教頭:今夜は、米津玄師さんの曲を時間の許す限りお届けしていきます! 米津先生はこれまでに何度もSCHOOL OF LOCK! に来校してくれていますが、その数なんと7回! 初来校は8年前の2012年にアルバム『diorama』を持ってきてくださいました。実は元生徒で開校当初から聴いてくださっていて、掲示板にも登録していたそうです。その書き込みは掲示板が新しくなったので見られないのですが、掲示板がいまも繋がっていることに歴史を感じますね。
——リスナーのメッセージ
◆「Flamingo」
私は3年前から米津先生のファンです。美容院で流れていたBGMで知り、今では部活の友達といつも米津さんことを話しています。『STRAY SHEEP』も購入しました。全曲聴いて、感動にひたっています。特に「Flamingo」は、私が米津先生を知り好きになった思い出の曲です。米津先生の曲は全部好きですが、「Flamingo」はその中でも一番好きです。つらいときに聴くと、涙が出そうになります。(14歳女性)
こもり教頭:俺はこの曲と出会ったときに、不思議な感じがしました。「Flamingo」というタイトルもパンチがあるし、楽曲のゆら〜りした感じというか……水面の上で1人で聴いているようなイメージもあって。この世界感に引き込まれるという意味では、(投稿者の)気持ちもよくわかるな。
◆「感電」
「感電」のMVの米津さんかわいすぎません?(16歳女性)
こもり教頭:米津先生のミュージックビデオっていろいろな表現方法があると思うんですけど、「感電」はちょっとレトロな感じですよね。テーマパークでシーンを変えるごとに顔のアップとかもあって、たしかにかわいいですね。
◆「Flowerwall」
私は紅白の「Lemon」で感動してファンになりました。でもその直後に不運なことが起こり、暗い毎日を過ごしていました。そのころに「Flowerwall」を聴いて、涙が止まらなくなりました。あのときの「Flowerwall」がなければ私は立ち直れていなかったし、米津さんのガチファンにもなっていないと思います。それくらい重要で思い出深い曲です。(15歳女性)
こもり教頭:米津さんは、この「Flowerwall」をリリースされたときにもSCHOOL OF LOCK! に来校してくれたのですが、そのときが3回目だったそうです。たしかにポップな曲ではないけれど、聴いていると何かに包まれているような……一人ぼっちでいてもどこか温かい感じがします。

——高1の女性リスナーに電話インタビュー
こもり教頭:もしもし! 早速だけど、米津先生の楽曲の中に思いの詰まった曲があるということだけど、どういう思いなのか聞いてもいい?
リスナー:中学1年生のときにバレー部に入ったんですけど、レギュラーになったら先生の熱意がすごすぎて……。9月ごろからしんどくなってしまって、学校を1ヵ月ほど休んでしまったんです。そのころの記憶がないくらい落ち込んだんですけど、ちょっと前を向いたときに米津さんの「WOODEN DOLL」に助けられました。
こもり教頭:うん。
リスナー:その歌詞に、『あなたが思うほどあなたは悪くない 誰かのせいってこともきっとある』というのがあるんですけど、これを聴いた瞬間に涙が止まらなくなったんです。自分はちゃんと頑張れていたんだと思うことができて、この曲に救われました。
こもり教頭:なるほどね。レギュラーになって、授業が終わったらすぐ部活に行って……。
リスナー:はい。
こもり教頭:みっちり練習してつらくなったんだね。
リスナー:はい。
こもり教頭:この曲は、今も聴いたりするの?
リスナー:今でもめっちゃリピートして聴いています。そのことがあってから、心がしんどくなりやすくなってしまって……今でも学校をお休みすることがあるんですけど、そのときに聴いてリラックスしています。
こもり教頭:そうか。この曲を聴くとどんな気持ちになるの?
リスナー:自分を肯定してくれている感じがして、気持ちが楽になります。
こもり教頭:なるほどな〜。じゃあ、勉強とか部活を頑張っている生徒に聴いてほしい曲だね。
リスナー:そうですね。
こもり教頭:今は夏休みの生徒が多いけど、部活動があったり、宿題がたまって「どうしよう!」って思っている生徒がいるかもしれない。ネガティブになったり「頑張らないと……!」って思っている君も一緒にこの曲を聴いて、「明日、頑張ってみよう」みたいな気持ちになってくれたら嬉しいなと思います。
この他には…
部活、受験など、大変なことが多かった中学3年生の1年間を「ピースサイン」が支えてくれたという15歳の男性リスナー、文化祭に「ドーナツホール」でソロダンスを披露したという16歳の女性リスナー、同じ高校を目指したものの叶わず、今は大学受験に向けて励ましあっている男子との思い出の曲が「フローライト」だという17歳の女性リスナーとも電話をつなぎました。
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年8月13日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

TOKYO FM+

「米津玄師」をもっと詳しく

「米津玄師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ