『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』吹替重要キャストに中村悠一が参戦!

8月6日(金)9時12分 財経新聞

(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

写真を拡大

 全米公開で初登場1位を記録したワイスピシリーズ9作目『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。本作は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)の持つオープニング興行収入記録を更新し、全世界累計興行収入5憶ドル(約599億2,500万円)を突破した。

【こちらも】【映画で学ぶ英語】『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の名セリフ5選

●ドミニクの弟・ジェイコブ吹替キャストに中村悠一が参戦!
 8月6日(金)に日本公開となる『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。本作は吹替キャストも豪華なことで知られており、最新作で吹替キャストに参戦するのは中村悠一(なかむらゆういち)だ。

 中村の映画吹替の代表作は「アベンジャーズ」シリーズなどのキャプテン・アメリカ役、アニメでは「マクロスF」早乙女アルト役など。更にTV番組やCMのナレーターも数多く務める。2020年4月からはYouTuberとしても活躍しており、2021年にはYouTubeクリエイターアワードも獲得するなど活動の幅は実に広い。落ち着きのある爽やかな声に定評のある期待のキャスト参戦だ。

●新たに解禁!兄弟が真正面から激突する本編映像にも注目
 ファミリーのリーダーであるドミニクの吹替は楠大典(くすのきたいてん)。ドミニクを演じるヴィン・ディーゼルを長年担当している。また楠は『スター・ウォーズ 反乱者たち』以降ダース・ベイダーの吹替も担当するなど安定したキャリアを持つ。

 今回新たに解禁となった本編映像は史上最大の難敵であるジェイコブとその兄ドミニクの一対一の口論戦。敵同士となってしまった2人の兄弟が真正面から銃を突きつけ合うという、ド迫力の映像だ。ベテラン2人の凄みのある演技が映像に更なる迫力をプラスしている。シリーズ最大の脅威となるジェイコブを中村がどのように演じるのか?全貌はスクリーンで楽しみたい。

●大人気シリーズ『ワイルド・スピード』とは
 シリーズ1作目は2001年に公開。以後20年に渡って次々と新たな作品を生み出しているモンスター映画だ。現実離れした豪快なカーアクション、時に涙をさそう人間ドラマが人気のシリーズだ。

 スピンオフ映画やテレビシリーズも人気を博し、シリーズ全体の興行収入は58億ドル(約6367憶円)を超えている。第9作目となる『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』も非常に好調な滑り出しで、今後どのように興収を伸ばしていくのかが期待される。

財経新聞

「ワイルド・スピード」をもっと詳しく

「ワイルド・スピード」のニュース

「ワイルド・スピード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ