「この世界の片隅に」原作者・こうの史代氏がTVドラマ版に皮肉コメント 「六神合体ゴッドマーズよりは原作に近い」

8月7日(火)11時28分 BIGLOBEニュース編集部

画像は双葉社ホームページのスクリーンショット

写真を拡大

TBS系日曜劇場で実写ドラマが放送されている「この世界の片隅に」の原作者・こうの史代氏が投稿したとみられるドラマへのコメントが話題になっている。


放送当初から原作漫画との違いが指摘されている実写ドラマ版に対し、こうの史代氏のファンが集まり本人も「こうの史代」として月に1回ほど投稿しているとみられるネット掲示板にコメントが投稿された。こうの氏はまず、ドラマ版を「ご覧くださって、スペシャルサンクスです!!!」と感謝。脚本については、「わたしはいちおう毎回、脚本を見せて貰ってチェックしているのですが、直してもらえるとは限らないみたいです」と説明。ただし、脚本家がどう展開させたいのかわからないこと、文字だけではわからない部分もあることから、「あんまり強くは言っていません」としている。そして、原作からの改変についても言及。「でも大丈夫…『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近いんじゃないかな!?」とコメントした。


「六神合体ゴッドマーズ」は、横山光輝氏の漫画「マーズ」を原作に1981年に放送されたTVアニメ。しかし、主人公側のロボットが六神体と呼ばれるロボットと戦う原作に対し、アニメ版ではこれらが合体する「六神合体」を導入するなど、大幅に原作を改変。「ほぼアニメオリジナル作品」とも呼ばれるほどの作品となっている。「『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近い」とすると、大半の映像化が当てはまることになるが、今回のコメントはこうの氏にできる精一杯の皮肉かもしれない。


なお、「ご覧くださって、スペシャルサンクスです!!!」という言葉も、ドラマ版が「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」とのテロップを表示したことに対し、劇場アニメの制作委員会が「一切関知しておりません」と表明したことをもじったものとみられる。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「この世界の片隅に」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「この世界の片隅に」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ