ゆきぽよ「ナレーション力」の高さが話題 事前の努力にも好感が...スッキリで「天の声」

8月7日(金)18時37分 J-CASTニュース


モデルでタレントのゆきぽよこと木村有希さんが2020年8月7日、情報番組「スッキリ」にて「天の声」を担当した。その意外にもレベルの高いナレーションに、多くの視聴者から好評の声が寄せられている。

「漢字全然読めなくて、全部フリガナ振ったんだ〜!」

この日「ゆきぽよのお友達」という設定の元、天の声を担当した木村さん。時折ギャルらしいラフな口調になったものの、基本的には真面目にナレーションを繰り広げていった。特に噛むこともなく、実に円滑な進行に。それでいて途中「クイズッス」に登場した上白石萌歌さんに対しては「可愛くて歌上手くてマジずるいっすよね?」とお馴染みのギャル口調を見せる一幕も放送された。

番組終盤、メインパーソナリティーを務める加藤浩次さんに「上手かったよ!」と声をかけられたゆきぽよさんは嬉しそうに笑って見せたほか、「漢字全然読めなくて、全部フリガナ振ったんだ〜!」とコメント。スタジオからは「偉いね、そういう努力してるんだ」「調べたんだね」と感心の声が飛び交った。

この放送を受け、ツイッターからは「スッキリ の天の声、ゆきぽよ最高。おもろい」「ゆきぽよ、天の声の『親友設定』をきちんと守るし、ギャルの見た目に反して真面目」といった称賛の言葉が相次いだ。その他にも「ゆきぽよちゃんのナレーター、噛まなくて意外と上手」と、彼女の技量に感心する視聴者も多数見受けられた。

J-CASTニュース

「ゆきぽよ」をもっと詳しく

「ゆきぽよ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ