浜崎あゆみの「現在の彼氏」は20歳ダンサーとエイベックス松浦勝人、どっちも!?

8月7日(水)1時0分 messy

浜崎あゆみインスタグラムより。松浦氏が提案した「壁ドン」写真

写真を拡大

 浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)は、発売されるや否や大きな反響を呼んだ。浜崎あゆみがエイベックスから歌手としてデビューしスターになるまでの数年間、同社で現在、代表取締役会長CEOを務める松浦勝人氏と情熱的な恋愛をしていたことが綴られているからだ。

 「事実に基づくフィクションである」との前置きつきながら、売れないアイドル女優だった10代半ばの浜崎あゆみが、ヴェルファーレのVIPルームで松浦氏と出会い、歌手になるまでの描写はいかにもなシンデレラストーリーではなく戸惑いが多く含まれていて読ませる。

 浜崎あゆみは当時、ひとりめの妻と結婚していた松浦氏に片思いし、彼への想いを歌詞に綴り、デビューの前段階でいくつも曲を作った。デビュー曲のレコーディングが終わった頃、松浦氏は別の女性と不倫していて、妻とは正式に離婚した。浜崎あゆみがそんな彼にラブレターをFAXで送ると、松浦氏は不倫相手とは別れて浜崎あゆみとの真剣交際を「決断」。そこから二人の愛の日々が始まる。

 まだ10代の幼い少女だった浜崎あゆみが、30代でレコード会社専務の肩書を持ち頼りがいのある松浦氏に惹かれたのは、わからなくもない。この頃の浜崎あゆみは、「いつか許される日が来たら、私は、マサと私の子供のためだけに歌う母になりたい」と願っていたという。

 1998年4月、デビューシングル「poker face」をリリース。この年のうちに、浜崎あゆみは5枚ものシングルCDをリリースする。6月「YOU」、8月「Trust」、10月「For My Dear...」、12月「Depend on you」。すでにこの時点で“女子高生のカリスマ”になりつつあった。満を持して翌1999年1月に、ファーストアルバム「A Song for ××」を出し、2月、4月、5月と連続でどんどんCDを出していく。そして7月「Boys & Girls」でオリコン1位を獲得し、社会現象を巻き起こすレベルのブレイクを果たすのだった。

 だが同年11月に出した曲「appears」の歌詞を綴っていた頃には、もう二人の関係に隙間風が吹いていた。多忙な二人はすれ違い、松浦氏はまたヴェルファーレに入り浸るようになった。デビューから二年が経った頃に二人は破局。浜崎あゆみは2000年4月リリースの「vogue」、5月「Far away」、6月「SEASONS」という、ファンに“絶望3部作”と呼ばれる楽曲を制作。そして12月、二人の決定的な別れを歌った「M」が大ヒットした。ここから約10年、浜崎あゆみは日本のヒットチャートTOPに君臨する。

 小説には描かれなかったが、2001年にはTOKIO長瀬智也が「浜崎あゆみさんとは良いお付き合いをさせていただいています」と交際宣言。たびたび写真週刊誌にイチャイチャショットを掲載され、浜崎あゆみと長瀬智也は若い世代にとって憧れのカップル・ナンバーワンとなった。2002年の曲「independent」や2003年「ourselves」「ANGEL'S SONG」などは、いかにも長瀬との恋愛を歌っているとしてファン人気も高かった。一方で「Memorial address」は松浦氏の再婚を知らされ嘆く曲のようでもあり、「HANABI 〜episode II〜」も松浦氏への想いを断ち切ろうともがく曲のようだ。

 残念ながら長瀬と浜崎は2007年に破局を公式発表している。



 そして2019年。もちろん“小説”に描かれた心情はフィクションだろうが、浜崎あゆみは、今も自らを「あゆ」と呼び、マサこと松浦氏を恋い慕っている様子だ。2017年末、二度目の離婚をして帰国した彼女は、松浦氏と仕事上の“復縁”をする。彼女は「あゆね……今だから歌える歌を、届けていきたい」「マサ、もう一度、あゆの近くにいて」と伝え、松浦氏も「もう一度俺が(プロデュースを)やる」と誓う。

 もちろん松浦氏には今、元「Popteen」モデルの妻と三児という家族がいて、そちら側からしてみれば「元カノが今さら、何なの?」という不愉快な話かもしれない。けれども松浦氏にとって、浜崎あゆみという“歌手”をもう一度売り出すことは使命であり責任でもあるのだろう。

 ただ、この小説発表が浜崎あゆみという“歌手”のブランド価値にどう影響していくのかは、まだなんとも言えない。さながらケータイ小説のような趣がある作品で、あゆファンには響くかもしれないが、松浦氏と全盛期の浜崎あゆみという美少女の恋愛ストーリーが気味悪く受け入れられないという層も少なくはない。結局のところ、浜崎が“愛人”としてレコード会社の猛プッシュを手にしたと見ることも出来てしまうからだ。もちろん、そんなことはなく純愛と仕事は別だったと小説では強調されているのだが。

 そしてもうひとつ、浜崎あゆみはつい先日、「フライデー」(講談社)に新恋人として20歳も年下の男性ダンサーとのラブラブツーショットを撮られていた。この新恋人は、昨年彼女の専属バックダンサーを決めるオーディションに合格した「ペイ」こと荒木駿平。ステージでの情事風・絡みダンスは昨年からファンの間で物議を醸していた。浜崎あゆみの現在の恋人と呼べるのは、松浦氏ではなくペイなのだろうか。

 といっても、彼女が浜崎あゆみとして歌い続ける以上は永遠に付き合っていくパートナーとして松浦氏の存在があり、ペイにはペイの役割があるのだろう。浜崎と松浦氏は「ここから二十年先までのロードマップ」を描くという。浜崎あゆみは還暦になっても「懐メロなんか歌わない」のだ。

messy

「浜崎あゆみ」をもっと詳しく

「浜崎あゆみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ