小籔千豊、ドラム演奏で“生きてる感じを味わっている”

8月7日(水)12時6分 マイナビニュース

お笑い芸人の小籔千豊が、あす8日に放送されるBS日テレのバラエティ番組『チルテレ』(毎週木曜24:00〜)に登場する。

9月14〜16日に行われる「KOYABU SONIC 2019」を主催し、アーティスト出演もする小籔。出演者は、お笑いマニアの小籔が面白いと思う芸人や、今一番観たいと思うミュージシャンにオファーしているそうで、新幹線での移動中も、Youtubeで先輩バンドの動画を視聴するなど、新しいのアーティストの発掘にも余念のないフェス主催者らしい一面を見せる。

ドラム演奏は、元々ファンだったチャットモンチーのメンバー入りの打診から始まり、名曲「シャングリラ」を演奏するために2カ月半のスパルタ練習でなんとか仕上げたのだそう。ドラムを始めてからは壁を乗り越えるごとに壁が現れ、ドラム奏者としての活動を通して生きてる感じを味わっているエピソードも語られる。

このほか、番組恒例の質問「ミレニアル世代への応援メッセージ」では、「目の前の仕事を誰かのために取り組んでいたら遠くに着いていた」と、小籔らしい謙虚で熱いメッセージが語られる。

マイナビニュース

「小籔千豊」をもっと詳しく

「小籔千豊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ