hitomi、曲を書いてもらうために小室哲哉へ“コムコム”アピール

8月7日(水)22時53分 マイナビニュース

歌手のhitomiが、7日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00〜)に出演し、小室哲哉全盛期のエピソードを語った。

TKブームの当時、小室の曲が取り合いになっていたそうで、hitomiは「私は異端児なのでなかなか本当に必死でした。優先順位が一番低かったんで、(曲を)もらうのに必死で。本当に小室さんを見つけたら『コムコム』とか言ってちょっとアピールして、ようやくもらえるみたいな」と回想。

MCの梅沢富美男が「『コムコム』って言ってたんですか?」と驚くと、「はい、ふざけて。なんかキャラ出さないとと思って」と、気を引くための作戦だったという。

また、平野ノラから「小室さんの曲の中で歌いたかった曲とかあります?」と聞かれると、hitomiは「篠原涼子さんの曲とか…歌いたかったというのは、おこがましいんですけど」と回答。「でも『すげえインパクトあんな!』みたいな、『恋しさと せつなさと 心強さかよ』みたいな」と漏らすと、アンジャッシュの児嶋一哉に「すげえガラ悪くなってる」とツッコまれていた。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「hitomi」をもっと詳しく

「hitomi」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ