NHK朝ドラ、水曜日に“大清水洋”登場で反響

8月7日(水)9時53分 ナリナリドットコム

俳優の森崎博之(47歳)が、8月7日に放送された連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合)に出演。TEAM NACSの大泉洋を彷彿させる大清水洋(おおしみず ひろし)という役名で登場し、反響を呼んでいる。

ドラマはこの日、北海道の酪農家たちが工場を新設して乳業会社を造るため、十勝支庁へ工場設置の届書を提出することに。森崎は十勝支庁長の大清水洋として登場した。

「北海道を思う気持ちはあなたがたにも負けない!」と叫ぶ熱演を見せ、TEAM NACSの音尾琢真や戸次重幸らも同じシーンに登場して華を添えた。

ネットでは森崎の出演に沸くと同時に、TEAM NACSメンバーでまだ「なつぞら」に出演していない大泉洋を彷彿させる役名だったため、「洋ちゃんのお名前にそっくり」「実質TEAM NACSそろい踏み」「道民、爆笑回」「これを水曜日に持ってくるセンス。どうでしょう」「大泉洋もぜひ出演して欲しい」といった声が上がっている。

ナリナリドットコム

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ