NEO from アイドリング!!!、10周年のTIFで4年ぶりに復活「次は10年後、ファンの方に赤ちゃん抱っこしてもらいながら歌う」

8月7日(水)21時11分 オリコン

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」で4年ぶりに復活したNEO from アイドリング!!!(C)Deview

写真を拡大

 今年10年目のアニバーサリーイヤーを迎えた「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」最終日の8月4日、HOT STAGEにて4年ぶりにNEO from アイドリング!!!が復活した。

 NEO from アイドリング!!!は、2013年に加入した古橋舞悠、関谷真由、橋本瑠果、佐藤麗奈、佐藤ミケーラらアイドリング!!!NEO期生で結成された派生ユニット。TIFでお披露目を果たし、2015年にアイドリング!!!メンバーが“全員卒業”したことにともなって活動を終了していた。今回、10周年記念としてアイドリング!!!が復活を遂げたが、NEOも4年ぶりに復活。旧交を温めた。

 デビュー曲の「mero mero」をはじめ「Sakuraホライズン」「キミといたナツ」「無限ラビリンス」などのシングル曲を披露。「4年ぶりに位置についてみて、なんかおかしくない?って思ったら、瑠果ちゃんの身長が20cmぐらい伸びてて!」と、加入時13歳だった橋本の成長に驚く。

 4年も経てば佐藤麗奈、古橋も20歳となり「お酒が飲める年齢」に。佐藤ミケーラが「また10年後かね、集まるのは」というと、古橋は「子供いるって(笑)。前のファンの方に赤ちゃん抱っこしてもらって」と笑った。

 「ホントに感謝しかない」と喜び合う5人。橋本は「4年という空白の時間があったのに、こうやって皆さんが顔を挙げて観て下さるこの光景がとっても幸せでした。またお会いできるように頑張るので、一生よろしくお願いしま〜す」と最後に挨拶した。

オリコン

「アイドリング」をもっと詳しく

「アイドリング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ