注目ワードアイスショー・宇野らがアイスショーに出演 田中聖・逮捕 菅義偉・官房長官 プール・サンショウウオ カール・終了 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ブログでいじめ告白した江角マキコにママ友が「抗議声明文」

NEWSポストセブン8月7日(木)7時0分

 発端は、7月30日に同校に長女(9才)を通わせる江角マキコ(47才)が『人は人、自分は自分』というタイトルで綴ったブログだった。


《もう4年以上前かな。私もいろいろな噂話を流されたことがあります。お弁当を作らずメロンパンをポンと持たせている、とか先生にいわゆるチクリをしてる、とか、それはもう様々なストーリーで。


 なかなか想像力豊かな内容で今は笑えますけど、その時は露骨に無視をされたり、お茶会やランチ会をその噂を広めるために開かれたりとか。「違います!」と言いたいのを我慢して耐えました。子供と一緒にいる時に無視をされたり、嫌味を言われたり。そんなときも必死で耐えました》


 この日、沖縄・宮古島にいたという江角は、突然なんの前触れもなく、過去にママ友から受けたといういじめ被害を告白したのだった。


 女性セブンはこの問題について、江角と同じ学校に子供を通わせる複数の保護者を取材したが、そのほとんどが、「その件については話したくないんです…」と、口をつぐんだ。


 彼女たちからすれば、江角の告白は、名門校に“陰湿なママ友いじめがある”というレッテルを貼るに等しく、甚だ迷惑な行為なのだろう。また、何かを語ることで、わが子が不利益を被るのでは、という親としての不安もあったに違いない。


 だが、取材を進めていくなかで、江角の主張とは真逆のことを語り始めたママ友・A子さんと接触することができた。


「一体どういうつもりで、彼女は“あんなこと”を書いたのか…。その真意はわかりませんが、ただひとつだけ、はっきりと言いたい。書かれた内容は全てウソです」


 そう憤るA子さん。さらに、彼女は、江角の一件について、こう話す。


「みなさん、しゃべりたいことがたくさんあるんです。でも“本当のこと”を言うと、あの人に何をされるか、そして子供の学校生活にどんな影響が出るのか、それが心配なんです…」


 それでも、A子さんは「少しでも真実を知っていただければ…」と勇気をふりしぼり、彼女と親しい江角を知る複数のママ友有志でひとつの文書を作成。そして、それを女性セブンへの回答としてくれた。2053文字に及ぶその抗議文(女性セブン2014年8月21・28日号に全文掲載)には、衝撃の内容が綴られていた。



《彼女が仮に自分がいじめられていたと感じているとすれば、それは幼稚園の年長さんの3学期以降、彼女が数々の同級生へしてきたことがバレたために、彼女からみんなが距離を取ったというのが事実です。つまり、いじめがあったとするならば、それはむしろ彼女自身がされていたことであり、彼女は被害者というよりも加害者ではないか、と考えます》


 これが本当であれば、江角の主張とは、真っ向から食い違うことになる。


 A子さんたちによれば、当初、江角もママ友たちと親しくつきあっており、江角が下の子(長男、5才)を妊娠した際には、彼女の代わりに友人たちが長女の面倒を見ることもあったという。しかし、江角はそんなママ友を裏切る行為をしていたというのだ。文書はこう続く。


《いろいろな善意を受けてきながら、彼女は陰で、なぜかそのような人たちのありもしない噂を流したり、中傷をしていたのです。


 それは毎回同じような手口で、例えばAさんには「Bさんがあなたの悪口言っているよ」と言い、Bさんには「Aさんがあなたの悪口を言っているよ」という手口で、いろんなお母様と接触していたようです。賢い保護者の方たちが、それが何かおかしいと気づき始めたのは当然の流れだと思います。その事実を知ったお母様方が、お互いに確認作業したところ、おかしな言動の元がどこであったかが分かり始めました。その頃から、江角さんが離れて行ったというのが事実です》


 A子さんたちは、これ以上具体的な内容を話すと子供たちに危害が及ぶ可能性があるとして、被害の実情については、明言はしなかった。しかし、女性セブンが学校関係者を取材したところ、複数の証言が出てきた。


「確かに江角さんは当初は他の保護者のかたと仲よくやっていました。行事も休まずに参加していましたから。ただ、彼女はいつも上から目線で、高圧的な態度だったんです。基本的に人の意見は一切聞かず、自分の正義や主張を押し通すんです。校内のボランティア活動などでは、他の保護者のやることにいちいち文句をつけて、全て自分のやり方が正しいと思って譲らない。自分がいちばん上に立って先導できないと我慢ならないタイプみたいで、周囲との軋轢を生みやすいかたでした」(学校関係者)


 そのため、自分より目立つ母親がいたら、容赦なく、彼女の攻撃対象になっていった。「あの人は目立ちたがり屋だから」とか、「本当はやる気なんかないのよ」とか、周囲に悪口を言いふらすのが常だったといい、そんな彼女の言動に傷ついた保護者はたくさんいたという。


 A子さんは、この抗議文を書いた理由について、最後にこう語っている。


「正直、江角さんに反論するのは、彼女と同じ土俵に上がることになるし、嫌でした。でも、ブログが嘘であるということ、そしてなによりも、彼女に傷つけられた人がどれだけいるか、ということを、世間のかたがたにどうしても知ってほしかったんです…」


※女性セブン2014年8月21・28日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
この記事のトピックス
関連ワード
江角マキコのまとめ写真 ママ友のまとめ写真 抗議のまとめ写真 いじめのまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「江角マキコ」「ママ友」「抗議」「いじめ」の関連トピックス

「江角マキコ」をもっと詳しく

注目ニュース
田中聖、意味深「獄中ツイート」 「午後も頑張りましょう」 J-CASTニュース5月26日(金)19時43分
2017年5月25日、元KATUNメンバーの田中聖容疑者(31)が大麻取締法違反の疑いで24日に現行犯逮捕されたことが報じられるなか、田中…[ 記事全文 ]
NHK武田真一アナ、阿部渉アナが局次長級に昇格 日刊スポーツ5月26日(金)18時47分
NHKは26日、管理職の人事異動を発表した。「クローズアップ現代+」のキャスター武田真一アナ(49)と「ごごナマ」に出演する阿部渉アナ(4…[ 記事全文 ]
有吉弘行の元相方がユーチューバーデビュー、「ついにここまで…」と酷評の嵐 アサ芸プラス5月26日(金)9時59分
「進め!電波少年」のユーラシア大陸横断ヒッチハイクで知られる猿岩石の元メンバー・森脇和成がユーチューバーデビューした。[ 記事全文 ]
橋本マナミ、セクシー過ぎるキャディ姿に反響「集中できない」 クランクイン!5月26日(金)19時30分
女優・タレントの橋本マナミが、25日に自身のインスタグラムを更新。ゴルフ場のグリーン上で、片膝を付いたセクシーなキャディ姿を披露し、反響を…[ 記事全文 ]
沙也加披露宴に滞在10分のふなっしー ギャラは100万円の強気 女性自身5月26日(金)16時0分
「以前からふなっしーの大ファンを公言していた沙也加さんがぜひ、ということで呼んだようです。でも、ふなっしーは会場入りしてわずか10分で帰っ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア