田中みな実、ぶりっ子キャラの苦悩を告白 「何この仕事!?」

8月7日(水)20時1分 しらべぇ

田中みな実

6日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)にフリーアナウンサーの田中みな実が出演。過去の「ぶりっ子キャラ」での苦悩を明かした。


■ぶりっ子仕事ばかり…

今では「闇キャラ」「こじらせキャラ」「色気キャラ」といったさまざまなキャラクターがある田中だが、かつては「ぶりっ子キャラ」として嫌われ役を演じることも少なくなかった。

スタッフから「とりあえずぶりっ子してもらっていいですか?」と言われることが多いようで、「遊園地のコレに乗って降りてきてぶりっ子でカメラの前で何か一言言ってください」「カメラ目線でぶりっ子してください」と指示されるという。


関連記事:宇垣アナ、闇キャラ批判に反論 「私には私の地獄がある」に共感の声が相次ぐ

■「アナウンサーなのになあ…」

5パターンほどを雑に要求されてしまい「それを演出するのがあなたの仕事でしょ! 何この仕事!?」と思いながらも、「まあパターンはいっぱいあるんだけど…」とカリスマぶりっ子としての意地を見せていたようだ。

こういった仕事内容ばかりが続くことに「アナウンサーなのになあ…」という気持ちはあったものの、「アナウンサーって言ってもこのぶりっ子でみんなに知ってもらったし、やらないっていうのも何か違うな」と思いながら頑張っていたと明かした。


■アナウンサーとタレントは一緒?

ぶりっ子キャラを求められて「アナウンサーなのに」と悩んでいた田中。タレントのような扱いに苦悩したこともあったのかもしれない。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の1,332名に「アナウンサーをどう思うか」意識調査を実施したところ、45.7%が「タレントと一緒だと思う」と回答。少数はではあるものの、決して少なくない割合の人が「アナウンサー=タレント」と考えているようだ。

ぶりっ子キャラの裏側には、アナウンサーとしての葛藤があったようだ。


・合わせて読みたい→爆笑問題・太田、女子アナにブチ切れ 「タレントになりたいだけ」「どうせ野球選手と結婚」


(文/しらべぇ編集部・二宮 新一



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日

対象:全国20代〜60代の男女1,332名(有効回答数)

しらべぇ

「キャラ」をもっと詳しく

「キャラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ