ブルゾンちえみ、新境地のコーデ 「見えてるかと思ってドキッとした」

8月7日(水)15時21分 しらべぇ

太陽がさんさんと輝く夏は、気持ちもファッションも開放的になるシーズン。お笑いタレント・ブルゾンちえみは珍しいコーデの写真を公開し、ネット上で話題になっている。


■ノリノリで歌うブルゾン

7日にブルゾンは、自身のインスタグラムから自作の曲の歌詞を投稿。「楽しいことしかしないよ〜」「死ぬまでの時間がもったいないからね〜」「嫌なことはやらないよ〜」と、ポジティブでありながらどこか脱力感のあるフレーズが公開された。

View this post on Instagram

楽しいことしか、しないよ〜♩  死ぬまでの時間がもったいないからね〜♩  嫌なことは、やらないよ〜♩  死ぬまでの時間がもったいないからね〜♩   曲のタイトル「え、死ぬの?」

A post shared by ブルゾンちえみ BURUZON CHIEMI (@buruzon333) on Aug 6, 2019 at 11:25am PDT


関連記事:鈴木奈々、美ボディ際立つへそ出しショット 「人妻の露出」に興奮の声

■目の錯覚を利用した…

ブルゾン感漂う歌詞を受け、ファンからは反響の声が多数上がっている。しかし中には、ブルゾンのコーデに注目したという人も多いようだ。インスタグラムのコメント欄を見ると…

「最初見たとき、ヘソ出しコーデかと思ってビックリした(笑)」


「ブルゾンがおへそ出してると思って二度見したけど、まんまと騙されてしまった…」


「これは目の錯覚を上手く利用しているとしか思えないわ」


「最近痩せてキレイになってきてるし、いっそ本当にヘソ出ししちゃえば良いのに!」


といったコメントが寄せられていた。赤を基調としたトップスだが腰回りは黄土色の配色となっていたため、肌が露出されていると見間違えた人が多いのだろう。写真自体が薄暗い空間で撮られたこともあってか、確かにヘソ出しコーデのようにも見える。


■チラリと見えるのが良い

古来より伝わる「侘び寂び」という美学の通り、花火や蝉といった儚い一瞬の命に美しさを見出すのが日本人。常におへそが見えている「へそ出し」ルックも捨てがたいが、チラッと覗くおへそに魅力を感じる人は多いのではないだろうか。

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男性669名を対象とし、おへそに関する調査を実施。調査の結果、チラッと見えたおへそに興奮した経験があるのは40代男性が最も多いことが分かった。

40代はほぼ半分の49.6%が興奮しているにも関わらず、50代からは緩やかに減少。男性が少なからず抱くおへそへの情熱は、40代にピークを迎えるのかもしれない。


おへそ

髪型を変えた影響からか、色々な服装にチャレンジしているブルゾン。今年の夏も暑いので、ひょっとしたら本当のヘソ出しコーデが見られるかもしれない。


・合わせて読みたい→桐谷美玲、ブルゾンちえみと並んで際立つ小顔 「左手と同じ面積じゃん」


(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日

対象:全国20代〜60代の男性669名(有効回答数)

しらべぇ

「ブルゾンちえみ」をもっと詳しく

「ブルゾンちえみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ