太田光、“松本人志への土下座事件”を掘り起こされ顔面蒼白!?

8月8日(木)15時5分 アサ芸プラス

 8月7日、爆笑問題太田光と、人気講談師・神田松之丞が共演するバラエティ番組「太田松之丞」(テレビ朝日系)が放送された。その中で、神田が太田の苦い過去を掘り起こし、注目が集まっている。

「この番組は、太田と神田が、視聴者からの悩み相談などに答えるという内容です。今回、『すぐ謝る人をどう思うか?』という視聴者の質問に対し、神田は『芸能界なんていっぱいいろんな人が謝ってるんでしょうね?』と話すと、太田は『謝ってますよ!オレだって散々いろんな人に謝ってきましたよ』とコメント。するとその後、神田は、ニヤリと何かを知っているかのような笑みを浮かべ、『土下座なんて、太田さんもいろいろしてきたでしょうけど』と、太田に振りました。すると太田は、『掘り返すな…』と小さな声で囁き、手をバタバタとさせながら『してません!』と動揺する姿を見せました」(テレビ誌記者)

 太田といえば、“ダウンタウン・松本人志への土下座事件”が有名であるため、このイジリに対し、視聴者からは「太田の顔色が変わった」「あの事件をイジるとは!」「松之丞すげぇな」と、大きな反響を呼んだ。

 過去、太田が松本を怒らせたのは、雑誌のコラムが原因だったという。

「一部週刊誌によれば、当時、太田が松本のファッションをコラムで批判したことで、松本は大激怒。そして松本は、爆笑問題を呼び出し、『お前らに問題を出す。いますぐ答えてみい。1、いますぐ芸能界を去る。2、ここにあるパイプ椅子で殴られる。3、この場で土下座せい』という、選択型の謝罪を迫ったそうです。すると2人は、3番を選んで土下座したと噂されています。本当に土下座までしたかは不明ですが、その後、太田はバラエティ番組で『私が若造だった頃に、私が全部悪いんですよ。それを怒られたっていうのがあって』と、松本について語っており、何かしらの確執はあったと言われています」(芸能記者)

 とはいえ、松本と太田は「笑っていいとも」(フジテレビ系)最終回で共演した際、おたがい会話を交わすなどして、今は和解したと噂される。しかし過去の土下座報道のインパクトが強かったため、今回は多くの視聴者が反応してしまったようだ。

アサ芸プラス

「太田光」をもっと詳しく

「太田光」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ