中居正広 五輪キャスター卒業!異変に秘めた“恩人との約束”

8月8日(木)6時0分 女性自身

「9月上旬に大規模な会場で開催されるジャニーさんのお別れ会ですが、旧知の関係者へは8月中旬にも案内状が発送される予定と聞いています。多くの人たちに愛されたジャニーさんのため、案内状がない人でも何らかの形で柔軟に対応することも考えているそうです」(テレビ局関係者)



7月9日、くも膜下出血のため他界したジャニー喜多川さん(享年87)のお別れ会まであと1カ月、“家族葬”を欠席した中居正広(46)が、先月13日放送の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)で、初めて恩人・ジャニーさんについてこう語った。



「僕は怖かった世代かな。すごく厳しくしてもらいました。ただ、トークのスキルをいちばん最初に見出してくれたのがジャニーさんだったんですね。ライブが始まる15分前に1人で舞台でしゃべるんですよ、ライブ会場で。15〜16(歳)ですからしゃべれないんですけど、前説をやりなさいって。ジャニーさんが直接本番前に毎回毎回台本を書いてくれて、僕はそれを丸暗記してステージへ……」



そんな中居に“真夏の異変”が!



「中居さんはこれまで04年のアテネ五輪から8大会連続でTBSの五輪メインキャスターを務めてきました。ですが、今回の東京五輪では制作費削減という昨今の事情もあり、TBSは自局のエース・安住紳一郎アナをメインキャスターに起用することを発表しました」(制作関係者)



中居は五輪キャスターとして、現場の評価も高かったという。



「そこで、メインキャスターではなく競技ごとに登場する“ゲストナビゲーター”の1人として中居さんを起用する案も浮上しました。しかしながら、中居さんは『今はバラエティに専念したい』という意向が強く、説得を断念したようです。そのためTBSの上層部は“ゲストナビゲーター”として世界陸上で12大会連続メインキャスターを務めている織田裕二さんを起用したい意向のようですね」(前出・制作関係者)



その一方で、稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の「新しい地図」の3人は、来年の東京パラリンピックのスペシャルサポーターを務めている。香取は、東京パラリンピックでボランティアが着るユニホームの選考委員も担当している。



「TBSの五輪キャスターを引退することで、一部では中居さんがジャニーズ事務所を退所して、新しい事務所、もしくは『新しい地図』に合流するのではないかという報道もありました」(スポーツ紙記者)



40代半ばとなった中居は、ジャニーさんの死後、一貫してこう主張しているという。



「『仕事は好きだけど、今は(バラエティの)ほかにやりたいことがない。だからしばらくは事務所を辞めない』と話しています。中居さん自身、残りの40代は“バラエティ番組のMCを究めろ”というジャニーさんの遺志を全力で継いでいこうと決心しているんですね。中居さんも頻繁にジャニーさんの病室を訪れていました。そこで会った、今まであまり交わることのなかった後輩たちへ熱心にMCのアドバイスをしていたようです。ジャニーさんの三回忌を終えるまでは、事務所を辞める気はないようです。節目の50歳を迎えるまで後輩の面倒を見ながら、自らの“新しい進路”をじっくり考えるようです」(前出・音楽関係者)



“五輪の顔”引退を機に、50代に向け「地図なき出直し」へ。今は原点であるバラエティの神髄を後輩たちに伝えていく——。

女性自身

「中居正広」をもっと詳しく

「中居正広」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ