指原莉乃、引退と結婚観をガチ告白 「TOKIO相手にすごい」の声

8月8日(木)17時41分 しらべぇ

指原莉乃

タレントの指原莉乃が、7日放送のバラエティー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。自身の引退と結婚観について、TOKIOメンバーに明かした。


■音楽番組以外の共演は珍しい

今回が番組初出演になった指原。国分太一は「お互いカッコつけてる場所でしかあってなかったもんね」と、音楽番組以外で共演する機会がなかったことを茶目っ気たっぷりに表現する。

すると、指原も「わかります。アーティストとして会ってたわけですもんね」と、ドヤ顔をしながら、それに乗っかった。


関連記事:国分太一、山口メンバーの騒動に「連帯責任」 涙の謝罪に疑問の声も

■指原の描く未来予想図

そして番組後半。国分から「結婚して子供ができてっていう未来予想図は今はないんだ?」と問われると、指原は「基本的に芸能界に一生いたいってタイプじゃないので、別に求められなくなったら…」と告白。

国分が「引退?」と相づちを入れると、「テレビに出られなくてもいいし、いただいたお仕事をしたいなって感じなので、そのときに自分が楽しめる方法だったりとか、自分がお金を稼げる方法をそのときに合わせて探さないといけない」と話した。

■ネットでは絶賛の声「すごかった」

今回の放送を受け、TOKIO相手に自身の考えを淀みなく話す指原に絶賛の声が続出。ツイッターでは、「見ていて気持ちがいい」「すごかった」といったコメントが書き込まれている。


■仕事ができる女性にキュンとする?

しらべぇ編集部では、全国10〜60代の仕事をしている男性566名を対象に「女性にときめくポイント」について調査を実施。その結果、全体の35.2%が「仕事ができる女子にキュンとする」と回答している。

仕事ができる女子

バラエティー番組での立ち振る舞いは「さすが」の一言。まさに仕事ができる女性といえる指原にときめいた人も多かったようだ。


・合わせて読みたい→指原莉乃、謎の”ツイッター連投” 「プライベートがダダ漏れ」と話題に


(文/しらべぇ編集部・音無 まりも



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日

対象:全国20代〜60代の現在仕事をしている男性566名(有効回答数)

しらべぇ

「TOKIO」をもっと詳しく

「TOKIO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ