狩野英孝の24時間生配信「EIKOは世界を救う」にアノ闖入者

8月9日(日)18時15分 アサジョ

 今やゲーム実況動画が世間の評判を呼び、ユーチューバーとしても人気の高いお笑いタレント・狩野英孝。2019年12月29日に開設されたYouTubeチャンネル「狩野英孝【公式チャンネル】EIKO!GO!!」は8月6日現在、チャンネル登録者数41.5万人に達している。そんな狩野が7月18日に「みなさんのおかげで銀の再生ボタンいただきました!そしてEIKOから重大発表があります」と題した動画を投稿。チャンネル登録者数10万人突破者にYouTubeから贈られる銀の盾を視聴者に披露した。

「みなさんのコメントとかも僕読むんですよ。前向きな言葉もいただきまして、2020年、自粛自粛で家にいて、気が滅入りそうだよって時に、狩野さんの『EIKO!GO!!』見て、なんとか自粛生活乗り越えられましたっていう声もですね、コメントにありました。ホントやってきて良かったなと思いました」

 と、視聴者に向けて頭を下げた狩野は、毎年8月に放送されるチャリティ番組「24時間テレビ」(日本テレビ系)に対抗すべく、生配信「24時間 EIKO!GO!!」を9月に実施することも発表した。

「24時間テレビに対抗致しまして、EIKOは世界を救う!」と本家のキャッチコピー「愛は地球を救う」をもじってスタッフの笑いを誘った狩野。番組は、大喜利や恋愛テクニックの披露、ゲームの生配信等、既存の企画に新しいものを織り交ぜる内容になると宣言し、芸人仲間の登場も示唆しつつ、時間のある人は遊びに来て欲しいとカメラに向けてメッセージを語った。

 するとスタッフが「○○が来たりして」と発言、ピー音がかぶせられ名前はわからなかったが、狩野が「鍵閉めてください!」と即答したことから、傍若無人な発言で度々お騒がせのあの女性タレント(?)と想像が膨らんだ。

 視聴者も楽しみのようで、「24時間27時間テレビを絶対最後まで見ると意気込んで未だ達成したことがない私ですがエイコーチャンネルで達成できそうです!」とのコメントも寄せられている。

 これまでに何度もゲーム実況の生配信を行ってきた狩野だが、どんなに長くても3時間を超えた回はない。24時間は相当な覚悟だが、果敢に挑み続ける精神力と、1人でも癒される人がいるのなら…という狩野の覚悟も感じ取れた。

(ユーチューブライター・所ひで)

アサジョ

「ユーチューバー」をもっと詳しく

「ユーチューバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ