ついに協議離婚が浮上した広末涼子、不倫騒動後も夫と別れないワケとは…

8月9日(土)11時0分 メンズサイゾー

 今年2月に不倫疑惑が報じられた女優の広末涼子(34)。大きなイメージダウンになるかと思いきや、オファーはまったく絶えずに大活躍中。19日から始まる主演ドラマ『聖女』(NHK)では初の悪女役としてベッドシーンにも挑戦するといい、11月公開の映画『想いのこし』では露出度の高い衣装でセクシーなポールダンスを披露することも明らかになっている。


 むしろスキャンダルをバネに新境地を開いているともいえるが、肝心の私生活で不穏なウワサが流れている。夫でキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(40)との夫婦仲が、ついに危機的状況を迎えているというのだ。


 広末といえば、03年にモデル男性と結婚して長男をもうけたが5年後に離婚。その2年後にジュン氏と再婚し、次男をもうけた。結婚生活は順調に思えたが、今年2月にイケメン俳優・佐藤健(25)との不倫疑惑が発覚。「同じマンションの友人宅に行っただけ」と不倫を否定した広末だが、週刊誌に撮られた彼女の姿は、12cmほどのピンヒールに網タイツという女子力が高すぎる服装だった。わざわざそんな格好で友人の家を訪ねるとは考えにくく、かなり苦しい言い訳だと揶揄されている。これが原因でもし離婚するような事態になれば、広末は30代半ばにして「バツ2」になってしまう。


 だがジュン氏はまったく不倫疑惑を気にしておらず、夫婦仲に影響はないとも報じられていた。その見方を覆したのが、今年7月下旬に開催された野外フェス「フジロックフェスティバル」だった。


「ジュン氏は会場内の和みスポットのプロデュースなどを毎年手掛け、昨年は同伴した広末さんと息子さんが鬼ごっこをしている微笑ましい姿も目撃されていました。しかし、今年は広末さんも子どもさんも姿はなし。多忙というのもあるでしょうが、かつて彼女は今より忙しい時期でも恋人とフェスを楽しんでいましたから、やはり不倫騒動の影響なのでは…という声が上がっていましたね」(音楽関係者)


 これをきっかけに不仲説が再燃し、一部メディアで「ついに離婚協議入り」などと報じられる事態となった。

 しかし発売中の「女性セブン」(小学館)によると、フジロックの数日後に広末とジュン氏が子供連れで人気うなぎ店を訪れ、一家団欒で食事を楽しんでいる姿が目撃されたという。


 本当に離婚協議に入るほど仲が悪いのであれば、一家で仲むつまじく食事をするとは考えにくい。やはり不仲説はガセだったのだろうか。だとしても、妻の不貞が確定的となった状況で夫がまったく動じないというのも不思議な話だが…。


「広末はともかくジュン氏は完全に冷め切っており、夫婦仲がギクシャクしているのは事実。しかし、それでもジュン氏は離婚をまったく考えていない。近年、ジュン氏は大きな収入源だった欧州からのオファーが激減し、国内では半ボランティアのような仕事ばかり。ほとんど収入がない状況です。ですが、広末が代わりに稼ぎまくっていればジュン氏は好きなことができる。ジュン氏にとって離婚するメリットはないわけです。国内外を飛び回っているジュン氏は各地に愛人がいるともウワサされていますし、広末が浮気したからといって責める気もないのかもしれません。一方の広末はジュン氏への愛情が残っているようですが、それ以上に『バツ2』は避けたいという気持ちが強い。いわば2人は、半仮面夫婦になっているようです」(芸能関係者)


 もはや互いの火遊びには深く関与せず、経済的な協力関係や世間体だけが夫婦を結び付けているのだろうか。オンナとしても女優としても脂が乗ってきた時期であるだけに、思いきって見切りをつけてもいいような気もするが…。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「広末涼子」をもっと詳しく

「広末涼子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ