長嶋一茂、山根前会長は「僕には悪人に見えないです」 スポーツ界には「こういう方たくさんいた」

8月10日(金)14時31分 J-CASTニュース

長嶋一茂さん

写真を拡大

日本ボクシング連盟会長を辞任すると表明した山根明氏について、元プロ野球選手の長嶋一茂さんが2018年8月10日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、「正直、僕には悪人に見えないです」との見解を述べた。


独裁といえる体制を築いてきた山根氏だが、連盟への告発状提出後にメディアで見せる姿はどこか掴みどころがないキャラクターだ。



「泣いたり、お茶目な部分も見え隠れしたりするし」



山根氏をめぐっては、「接戦した場合、やっぱり奈良やな。反対につけたら『お前なめてるんか?』てなってくるわけ」などと不正審判を指示しているとみられる音声を、告発状を出した「日本ボクシングを再興する会」が8日に公開。しかし、10日付サンケイスポーツによると、同氏自身は「何時間も話しているうちの一部分を切り取って悪意を持って伝えている。不正は一切ない」と反論している。



こうした釈明が「モーニングショー」で紹介されると、長嶋さんは「自身に悪意はないんですよ」と推測し、



「正直言って、僕には悪人に見えないです。泣いたり、お茶目な部分も見え隠れしたりするし。強権発動的に『こうなんだ』と言ってきたコーチ・監督は、僕も幼少のころからスポーツの世界にいたのでたくさん見ています。こういう方々たくさんいました。だから僕は半分くらい理解している。でも時代がそうじゃない」


との見解を述べた。山根氏の発言は本心から出たものだと受け取っているようだ。



さらに長嶋さんは、



「(連盟を)私物化した体制を敷いてきた中で、自分は何をしてもいいという『全能感』を錯覚して持ち得るわけ。それでずっとやってきたから、今すごく困惑されていると思うんですよ。『なんで世間はこんなに騒ぐんだろう、奈良判定ごときで』とか『お金の問題で』とか」


と山根氏の胸中を推測した。



ただし「責任がないとは言ってない」として、厳しく糾弾もしている。



「役職に残るのは往生際が悪い」



8日に辞任表明した山根氏は9日、報道陣の前で「会長と理事は辞任してます」と改めて明言し、「世界に『無冠の帝王』いう名刺を出して生きてきてるんですから、肩書きはどうでもいいです」「悔いはありません。それが『男山根』ですよ」など役職に固執しない考えを述べた。一方で、「死ぬまでアマチュアボクシングに関係します」と何らかの形でボクシング界に関わる意向も示していた。



この発言に長嶋さんは番組で「選手じゃないのに自分を『帝王』と言っちゃうところが時代錯誤で、『帝王』であってはいけないし、ボクシング連盟を私物化してきたのが見え隠れする」などと批判した。山根氏が関西ボクシング連盟会長などの役職も持っていることから、



「僕は役職に残るのは往生際が悪いと思いますよ。何かあったら腹を切ると言ってるんだから、いったん全部辞めないといけない。辞めてもボクシングは見られるし、後方支援もできる。本当にボクシングを愛しているんだったらそっちに回らないと」


と、役職から離し、影響力を一掃するよう求めた。



そのために、スポーツ庁にも厳しい姿勢を求めた。長嶋さんは「今までにないスキャンダルだと思ったのは、反社会的勢力と関係があると認めたこと」と、山根氏が元暴力団組長と数十年来の付き合いがあったことを強く問題視し、



鈴木大地さん(スポーツ庁長官)は『反社会的勢力と関係あるなら、即刻お辞めになるべきと思います』といったコメントをしていたけど、これが気になるんです。もっと攻めてもらいたい。『自分たちの管轄に置いてすぐに辞めてもらう』と強く言ってもらえないのかな」


と話していた。

J-CASTニュース

「長嶋一茂」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「長嶋一茂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ