「終わりにして」小島瑠璃子が嘆願…背景に交際への誹謗中傷

8月11日(火)19時8分 女性自身

《SNSだろうと誹謗中傷はしてはいけないし、直接傷つけるのと一緒ということが何故まだ浸透していないのだろう》



8月10日、こうツイートしたのは小島瑠璃子(26)だ。具体的なことには触れていないが、《想像で、ただの想像で、ひとの人格や生き方まで非難するのは本当にもう終わりにして欲しいです。とても悲しいです》と嘆いた。



7月31日、人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏(45)との交際が「NEWSポストセブン」で報じられた小島。



その後、8月8日に「さまぁ〜ず三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」(ニッポン放送)に出演。三村マサカズ(53)から交際報道を追及されると、「その通りです」と交際を認めていた。



「小島さんは7月下旬、福岡県で原氏と仲睦まじく過ごす様子が報じられました。もともと小島さんが『キングダム』の熱心なファンでもあるので、2人は“ビッグカップル”として注目の的に。ただ、いっぽうでネット上では否定的なコメントも散見されました」(芸能関係者)



そんななかで辛い気持ちを訴える小島に、Twitterでは仲間からの擁護が続々と上がった。



ラジオで交際について尋ねた三村は《なにがあっても守るよ》とリプライ。《俺なりの否定もするけどさぁ。じゃないとつまんないよな。こんな楽しい世の中なのに》とフォローした。



またタレントのIMAL(30)も、《トイレのようにジャーと流して〜〜 応援してるよ〜!!!》と絵文字を添えて励ましている。



18年2月の「鴻上尚史のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)にゲスト出演した際、小島は恋愛観をこう明かしていた。



「自分が周りからこの人と付き合ったらどう思われるかなとかよりも、その人の良いところを愛せるかな? とか、これさえあれば良いな! が一個ある方が良いんじゃないかな」



11日には《温かい言葉をたくさん、ありがとうございました》と気持ちを切り替え、ツイートした小島。前向きに軌道修正する彼女に、温かいエールが広がっている。



《こじるりさん元気だして!》

《明るいのがこじるり!! 大変ですが、頑張ってください。 そして、大切な人と幸せになって欲しい》

《お二人の仲、応援しています》

女性自身

「小島瑠璃子」をもっと詳しく

「小島瑠璃子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ