日本の恥! テレビ局がやらかした海外スターへの失礼過ぎる〝おもてなし〟

8月11日(日)19時0分 まいじつ


(C)まいじつ 



今、最もホットな女性タレント、滝川クリステルが提唱した〝お・も・て・な・し〟の精神が至るところで称賛される日本だが、時として超VIPスターに失礼なことをやらかし、大炎上してしまうことがある。


【関連】『月曜から夜ふかし』スタッフの“取材態度”に怒り「企画もクソだな」 ほか


最近話題になったのは、2018年平昌オリンピック金メダリストのフィギュアスケート選手、アリーナ・ザギトワにやらかしたことだ。


7月24日夜に、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)の生放送が行われ、これに特別ゲストとしてザギトワが出演した。しかし番組では、ものまねタレントのりんごちゃんをフューチャーしたり、藤崎奈々子の結婚を生発表するといった内容で、ザギトワにとっては、全く知らない日本人タレントを延々と見せ続けられることになった。


これにネット上では、



《ザギトワに失礼過ぎてヒドかった…。日本や日本文化が好きって公言してくれているんだし、そこに寄せた番組つくりしてほしかった》

《「今夜くらべてみました」に家族が怒り狂ってた。ザギトワ嬢に失礼だ! あんなワケ分からんグダグダに付き合わされて!》

《クソ番組よおザギトワに失礼過ぎだろが! ザギトワと全く無縁の内容だし日本人として恥ずかしいわ》



など、怒りの声が続出。この構成には、後藤輝基や指原莉乃らMC陣も苦言を呈したほどで、さまざまな疑問が残ることになった。


 


無駄な忖度はするクセに…


そして、この〝事件〟をきっかけに、ネット上では「もっとヤバい事件があっただろ…」と、世界ナンバーワンのサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドに対する出来事が思い出されることに…。


「2015年7月、ロナウドはフジテレビの音楽特番『水曜歌謡祭 2時間SP』に出演し、〝C・ロナウドに聴いてほしい日本の元気が出る曲〟と題して、強制的に日本の音楽を目の前で聴かされました。しかもそのラインナップが、ナオト・インティライミと『キマグレン』。ロナウドはこの2組のステージを見ながら表情が固まったまま、指示されるがままに、半ばヤケクソに音楽に合わせてタオルを振り回していましたね。これ以来、ネット上では『ロナウドが来日しないのはナオトとキマグレンのせいだ』などと揶揄されています」(芸能記者)


サッカー選手でいうと、11年12月に日本で開催された『クラブワールドカップ』にリオネル・メッシが出場した際、明石家さんまがメッシに対して「老後はどうするんですか?」と突拍子もない質問。メッシが「引退までまで時間があるので、終わったら考えます」と真顔で答えると、この様子が世界中に拡散され、「何て失礼な質問なんだ!」と炎上してしまった。


2020年の東京五輪では、無礼な対応が起こらないよう願いたいものだ。


 


まいじつ

「失礼」をもっと詳しく

「失礼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ