大場久美子のコメットさん時代「行列してくれたファンに感謝」

8月11日(日)16時0分 NEWSポストセブン

「1億人の妹」と呼ばれた大場久美子

写真を拡大


「一億人の妹」として歌手デビューし、ドラマ『コメットさん』で国民的なアイドル女優となった大場久美子の「19歳の輝き」を収録した伝説の写真集が電子書籍『大場久美子 グアムでビキニになっちゃった』として復刊した。多忙なドラマ撮影の合間に出かけたハワイロケで弾ける笑顔とカラダを披露した本書は、現在では10倍以上の値がつくプレミア写真集となっている。40年前の撮影当時の思い出を、大場に聞いた。


 * * *

 当時はドラマ『コメットさん』に出演中でした。子役でのドラマ出演から始まった芸能活動でしたが、19歳の時もまだまだ芝居は初心者。監督からのリクエストに応えるため、毎日が勉強でした。歌手活動も並行してやっていたので、不器用な私は日々の仕事をこなすことに精一杯で、レコード売り上げや人気など感じている余裕はありませんでした。


 撮影所の門にファンの方々が色紙を持って、長い行列を毎日つくってくれていたことはとても嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいでした。休憩時間にできる限りのサインをさせていただいたのがいい思い出です。


 あれからもう40年の月日が流れたんですね。波瀾万丈でしたが、たくさんのことを得ることができた、充実した人生を歩めていると思います。


 2015年、55歳の時にはグアムで水着での撮影に挑戦しました。写真は、撮られるより撮る方が好きなので、自分のグラビア撮影でもいろいろアイデアを提案させていただきました。


 マッチョな筋肉ではなく女性らしいS字ラインボディづくりに2年間取り組みましたが、それはそれは壮絶なダイエットでした。でも、ダイエットしたことで体調もよくなり、年々体力もついて健康に過ごせることに感謝しています。ダイエットと美は、イコール健康であるとあらためて感じています。


●おおば・くみこ/1960年1月6日生まれ、埼玉県出身。身長153センチ。1973年に劇団に入り、子役としてテレビ、CM、映画に出演。1977年に「一億人の妹」のキャッチコピーで歌手デビューし、1978年にドラマ『コメットさん』で一躍人気者となる。最新の活動は公式ブログ「大場久美子の〝エトセトラ〟」で公開。週刊ポストデジタル写真集『大場久美子 グアムでビキニになっちゃった』も好評発売中。


※週刊ポスト2019年8月16・23日号

NEWSポストセブン

「大場久美子」をもっと詳しく

「大場久美子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ