【ネタバレあり】過激な大人向けアニメ『サウスパーク』の高評価エピソードまとめ

8月11日(日)0時3分 海外ドラマboard

過激な描写や痛烈な社会風刺で知られる『サウスパーク』。切り絵風のイメージは一見子ども向けにも見えますが、直接的な下ネタ、しつこい肉体損壊描写満載で子どもどころか大人だって眉をひそめるレベル。でも実は、エミー賞を4度受賞するなど評価も高いアニメなんです。本記事ではそんな高評価エピソードをご紹介します。

『サウスパーク』ってどんな作品?

BEVERLY HILLS, CA - SEPTEMBER 01: Trey Parker and Matt Stone attend The Paley Center for Media special retrospective event honoring 20 seasons of "South Park" at The Paley Center for Media on September 1, 2016 in Beverly Hills, California. (Photo by Tara Ziemba/FilmMagic)

『サウスパーク』はアメリカのコメディ中心のケーブルチャンネル、コメディ・セントラルで1997年から放送されています。挿話数はシーズン22までで297話。また1999年には映画版『サウスパーク/無修正映画版』(原題『South Park: Bigger, Longer & Uncut』)が公開されています。

コロラド州の小さな町サウスパークを舞台に、主人公の4人少年たちが騒動を起こしたり、巻き込まれたりする1話完結型のシリーズで、過激な描写や痛烈な社会風刺、ブラックジョーク、有名映画・ドラマのパロディを特徴としています。

原作はトレイ・パーカーとマット・ストーン。この2人は監督・脚本のほか、作画や登場人物の声、音楽など制作全般を務めています。2人は『サウスパーク』の他に、映画『チーム★アメリカ/ワールドポリス』やミュージカル『The Book of Mormon』の製作者としても知られています。

NEW YORK, NY - MARCH 24: The cast of "The Book of Mormon" during the curtain call on the opening night of "The Book of Mormon" on Broadway at Eugene O'Neill Theatre on March 24, 2011 in New York City. (Photo by Stephen Lovekin/Getty Images)

エミー賞を受賞したエピソード

『サウスパーク』のエピソードの中で、エミー賞を受賞したエピソードをご紹介します。

シーズン9エピソード4『Best Friend Forever』

ある日、カートマンが新発売のゲーム機、PSPを買いにおもちゃ屋へ出かけるとそこにはケニーの姿が。PSPを自分より先に購入したケニーに嫉妬するカートマン。一方ケニーは『天国VS地獄』というゲームに夢中。寝ても覚めてもゲームをし続けた結果、ゲームの中の最高レベル60に到達するが、その瞬間トラックに轢かれて死んでしまう。

ケニーの魂は天国へ。ケニーが目を覚ますと天使たちからある事実を告げられる。PSPは地獄軍と戦う天国軍を率いる軍師を見つけるために神が創造したデバイスで、ケニーは宇宙の命運を握っている。そして今まさに地獄軍との最後の戦いが始まろうとしているところだと…。その話の最中、天使たちの前からケニーの姿が消えてしまう。医者が蘇生に成功し、ケニーが息を吹き返したためだ。

しかしケニー植物状態で、今後意識が戻る可能性はないという。カートマンは遺書で託されたPSP欲しさから、裁判所に駆け込み自分はケニーの「BFF」(Best Friend Foreverの略)でケニーの運命を決める権利があると主張。裁判所はこれを認め、ケニーは経管栄養を抜かれてしまう。これに対し、カイルとスタンは猛抗議。メディアを先導し、ケニーの経管栄養を抜くか抜かないかで大議論が巻き起こる。

「ケニーが死ぬ」というのは『サウスパーク』のお約束で、毎回なんらかの原因でケニーは死んでしまいます。そのバリエーションは様々ですが、このエピソードでは植物状態になり、彼の命をどう扱うかが周囲の人間によって議論されますが、遺書が見つかり、みんなが「ケニーの意思」をないがしろにしていたかもしれないと気づきます。

黄金のPSPで見事地獄軍を撃破したケニーは天使たちからキアヌ・リーブス像を贈られます。映画『マトリックス』や『コンスタンティン』のように、救世主として選ばれ困難な状況から勝利をつかむ象徴として引用されているようです。

シーズン10エピソード8『Make Love, Not Warcraft』

サウスパークの子どもたちはオンラインゲーム『World of Warcraft』に夢中。カートマン、スタン、カイル、ケニーもクエストに出かけようとオンライン上で集まっていたところに、謎のプレイヤーが現れ、冒険に出かける前に全員殺されてしまう。

謎のプレイヤーキラーの正体は、現実生活の全てを捨て去ってゲームをし続ける廃プレイヤーで、膨大な時間を注ぎ込んだ結果想定外のレベルに到達し、ゲームの管理者すら殺せる存在となった要注意違反者だった。ユーザーからの通報にも関わらず、ゲームの管理者たちに打つ手立てはなかった。

ゲーム上で何度も殺されたカートマンは激怒し、町の子どもたちを招集し、総攻撃を仕掛けるも全滅。敗北を期した子どもたちはゲームをやめてしまう。しかしカートマンは諦めず、スタン、カイル、ケニーに、経験値2のイノシシをこっそり狩り、7週間と5日と13時間20分かけてレベルを上げ、プレイヤーキラーに対抗することを提案する。

友人たちが太陽の下でボールを追いかける一方、4人はゲームに没頭し着実にレベルを上げていく。そんな4人に気づいた管理者たちは、開発されたものの導入されなかった伝説の剣のデータが入ったUSBを持ってサウスパークへ。4人はプレイヤーキラーを倒すことができるのか…!

ゲーム中の姿勢や表情などゲームのプレイヤーの仕草がリアルで笑えるエピソードです。また、オンラインゲームの管理者たちが「暇じゃない」ためゲームのアカウントを持っていなかったり、管理者の1人による「人生のないもの(=プレイヤーキラーのこと)をどうやって殺す?」というセリフにどきりとしました。

エピソード中に挿入されるゲームの画面は、実在のオンラインゲーム『World of Warcraft』を運営するBlizzard Entertainmentの協力を得て制作されています。当時人気の高かったゲームタイトルを使って、オンラインゲームの功罪やプレイヤーの現実を描いた脚本が評価され、エミー賞を受賞しました。

シーズン11エピソード12〜14『Imaginationland』

サウスパークの少年たちは、カートマンが数日前に見かけたという妖精を森の中で探している。妖精なんかいるわけがないとカイルが賭けを挑んだ矢先、妖精を発見・捕獲することに成功する。妖精はひどく急いだ様子で、テロに気をつけるように警告し、姿を消す。

翌日少年たちの元にシルクハットを被った男が現れ、妖精を見たかどうか尋ねる。男は妖精について話をしたいと、少年たちをイマジネーションランドに連れて行く。イマジネーションランドの住人たちが妖精について少年たちに質問したその時、テロリストが現れ自爆。良いイマジネーションと悪いイマジネーションの間の壁もテロリストによって破壊され、イマジネーションランドは混乱を極める。

そのころイマジネーションランドがテロリストによって制圧されたという情報を得たアメリカ防衛省は、現実とイマジネーションランドを結ぶゲートを通じてイマジネーションランドに核を打ち込むことを決める。イマジネーションランドは一体どうなってしまうのか!?

このエピソードは他作品からのパロディが満載で見応えがあります。イマジネーションランドの住民はよく知られているキャラクターでいっぱい。ユニコーンや人魚姫などの「想像上の生き物」からタートルズにチャーリー・ブラウン、トトロやアトムなど、許諾が必要なはずのキャラクターまで…そんなキャラクターたちが良いイマジネーション、悪いイマジネーションに分かれて凄惨なバトルを繰り広げるのです。

想像物が人生に大きな影響を与えるということは、想像の世界が現実に存在するということの証明だというカイルのメッセージとともに、作中で想像上のキャラクターとして「キリスト」が出ていたところに『サウスパーク』らしさを感じました。

シーズン13エピソード3『Margaritaville』

不況の波がサウスパークを襲う中、スタンの父ランディが不況の原因は人々が贅沢にお金を使いすぎたためで、「経済」をなだめるために消費を「本当に必要なもの」だけにしぼるべきだと主張し町の人々の支持を得る。ベッドシーツを身にまとい、車の代わりにロバに乗って移動…町の風景はまるで1世紀のキリスト生誕地、ガリラヤのように変貌する。カイルは、「経済」とは人によって考え出された「概念」で、人々が経済を信用しお金を使うことによって存在するものであり、むしろお金は使うべきと主張し、限度額なしのクレジットカードでサウスパークの人々の借金を一身に背負う。

Graph Business Financial Investment Risk Word

2008年に起きた世界規模の金融危機、所謂リーマン・ショックを元にしたエピソード。タイトルの「Margaritaville」は劇中では高級ミキサーを指します。スタンは高級ミキサーを返品して、換金しようとするのですが、分割で買ったため、その債権が他の債権と合わせて証券化され、銀行に売却されたうえに不良債権化したため国が買い取った…という経緯を追って、アメリカの財務省を尋ねます。スタンがそこで見たものは…当時の政府への痛烈な批判が描かれています。

もう一方で描かれた、不況に襲われたサウスパークの町で起きた出来事は、キリストの磔刑のエピソードをなぞっています。キリストの役割を演じるカイルは、当時キリストを迫害したユダヤ人で…という興味深いプロットになっています。

まとめ

『サウスパーク』は公式サイトで全エピソードが公開されています。

South Park - Watch Full Episodes, Clips & More | South Park Studios

英語字幕をつけたり、エピソードごとのあらすじやトリビアなども読むことができ、ファンには嬉しいサイトです。

『サウスパーク』は、コメディ・セントラルとシーズン23まで契約していますが、その後契約延長はなく、シーズン23が最終シーズンになると言われています。

コメディ・セントラルとの契約が終了しても公式サイト『South Park Studio』等を通じて配信が行われるのか、それともシリーズが完全に終わってしまうのかは発表されていませんが、そんなシーズン23は2019年9月25日から放映予定です。

海外ドラマboard

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ